移籍関係

リバプールに加入しなかったことを後悔していると語ったユリアン・ブラント

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Julian Brandt


ユリアン・ブラント(ドイツ)の名前を憶えていらっしゃる方々も多いことと思います。
かく言う私、彼の名前をこの場で何回書いたことか😅
ユリアン・ブラントといえば、ユルゲン・クロップ監督が、非常に高く評価している逸材だとされ、クロップさんからの関心が報じられたのは2017年まで遡ることになります。

当時の彼は、バイヤー・レヴァークーゼンに所属しており、私も書いた記憶があるのですが、移籍すべきかどうか?を結構迷っていたようです。
結果的に、2019年5月にドルトムント入りが公式発表されたわけですが、リバプールは変わらずユリアン・ブラントをリスペクトし続けて来たとのこと。
そのユリアン・ブラントに関してですが、Mirrorが報じるところによれば、アーセナルとニューカッスルが獲得を狙っているとのこと。
可能性としては、来年の夏になれば状況が変わると見られているようですが、ユルゲン・クロップ監督が諦めていなければ、リバプールがアーセナルとニューカッスルに待ったをかける可能性もゼロではありません。

ユリアン・ブラントは27歳になっており、時の流れを感じますね。
ただ、現行のリバプールにおける年齢層を見たとき、ある意味理想的な年代かもしれません。

アーセナル、ニューカッスルが欲しがっているとされる中、ユリアン・ブラントはAthleticのインタビューにこうこたえています。
「リバプールに加入しなかったことを後悔している」と・・・。
さて、クロップさんが再び彼に白羽の矢を立てることはあるのでしょうか?
しばし、状況を見てみましょうか。

-移籍関係
-,