プレイヤー

アーセナル戦でついていないルイス・ディアス 軽傷であることを祈ります

Luis Diaz


先日のアーセナル戦で膝を痛めて途中でピッチを去ったルイス・ディアスですが、膝と膝が重なり合うような状態になり痛みがあったようです。
長い離脱にならないことを願っているとユルゲン・クロップ監督は試合後に語っていましたが、様子を見てみないと分からないというのがその時のコメントでした。
ところでルイス・ディアスですが、アーセナル戦はついていない思い出もあります。

昨年の10月にアーセナルと対戦をした際にもルイス・ディアスは膝を痛めており、その後数ヶ月を棒に振ることになりました。
あの時は、膝を痛めた後もプレイを続けたものの、ファーストハーフが終わる直前にピッチに座り込んでしまい、良くない怪我だったことが分かりました。

今回も痛めた部位は同じようなもののようで、大事を取って予防措置という意味でも交代させたというのがクロップさんの考えだったようです。
昨年は、アーセナル戦を境に長期離脱になってしまったルイス・ディアスですが、今回はそうでないことを祈るばかり。
痛めたのが同じ部位ということが気になりますが、軽傷であってほしいですね。

2023年のルイス・ディアスは、ご両親が誘拐されるなど、とても辛い年ではありました。
しかし、ご両親は無事に釈放されており、今回の怪我も杞憂で終わることを願うばかりです。

ルイス・ディアスの良さは沢山ありますが、ディフェンスでも手を抜かず、相手に食らいついて行く姿勢がいいですね。
リバプールにとって貴重な戦力であり、シリアスな怪我でないことを重ね重ね祈るばかりです。
また近いうちに、ピッチ狭しと疾走する姿を見せてほしいですね。

-プレイヤー
-,