移籍関係 レジェンド

シャビ・アロンソ監督退団に備えて動き始めているとされるバイヤー・レヴァークーゼン

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


理想の補強、あるいは移籍というものは、一筋縄ではいかない難しいものですが、今のリバプールが直面しているミッションは、ユルゲン・クロップ監督の後任人事を決めることで、これは非常に困難なものかと思います。
リバプールの新指揮官候補としては、既に数人の名前があがっていますが、常に注目されているのがバイヤー・レヴァークーゼンを飛躍させたシャビ・アロンソ監督ですね。
シャビ・アロンソは、果たしてリバプールの指揮を執るのか。
昨日あたりでしょうか、ドイツのBildでジャーナリストを務めるChristian Falk氏が、バイヤー・レヴァークーゼンはシャビ・アロンソ監督が去った場合に備えて、後任探しをしているとの見解を示しています。

具体的には、ハンジ・フリックを招聘したい考えをバイヤー・レヴァークーゼンは持っているというのですが、現役で監督を務めているわけですから、交渉なり発表をするタイミングは、実に難しいですね。
また、シャビ・アロンソ監督に関してはSky Germanyも見解を示しており、バイヤー・レヴァークーゼンと結んでいる契約の中には、リバプール、バイエルン、レアル・マドリードからオファーが来た場合には退団できるという条項があるとしています。
真偽のほどは分かりませんが、もし本当にバイヤー・レヴァークーゼンが後任探しをしているとすれば、既にリバプールはシャビ・アロンソ監督と接触をしているのか?

何だかんだ言って、シャビ・アロンソといえばリバプールのレジェンドであり、イスタンブールの奇跡を知っている人ですからね。
アンフィールドが似合う人でもあります。
考えてみれば、ユルゲン・クロップ監督の退陣表明は、イングランドだけではなくドイツも巻き込んでの大きなニュースになっていますね。
前述したChristian Falk氏が言うには、ドイツの人々はユルゲン・クロップがいずれドイツ代表の監督になってくれるのではないかとの期待感に溢れているとのこと。

ただ、私が思うには、クロップさんという人は、日々選手達と接して、時間をかけて、チームを熟成して行くスタイルだということがあるので、代表監督が適切かな?という微かな疑問符はあります。
俄に時の人となったシャビ・アロンソ監督ですが、その心中やいかに。
バイヤー・レヴァークーゼンの指揮官として、ブンデスリーガの制覇を目指している中だけに、軽率な発言は出来ないことと思います。
それでも、くどいようですが、シャビ・アロンソはアンフィールドがよく似合うレジェンドであることは疑いようのない事実です。

-移籍関係, レジェンド
-,