移籍関係

6月1日を待たずしてリチャード・ヒューズはリバプールの新監督探しに関与可能

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Richard Hughes


リバプールには、これから大きな仕事が待っています。
いや、既に重要な時期に入っていると言っていいでしょう。
それは言うまでもなく、ユルゲン・クロップ監督の後任探しです。

新監督を決めるにあたり、マイケル・エドワーズとリチャード・ヒューズの招聘を決めたリバプール。
この2人が、新指揮官を選び、連れて来る仕事の中心にいます。
ところで、ヒューズは今シーズン終了時までボーンマスの仕事をしており、リバプールとの契約は6月1日からなのですが、それを待たずに新監督候補のピックアップ作業などに動けるとのこと。
Caughtoffsideが伝えているもので、リバプールとボーンマスは良好な関係にあり、ヒューズが前倒しでリバプールの仕事を行うことは、ボーンマスも了解済だといいます。
一刻も惜しい時期ですので、とても助かりますね。

クロップ監督の後任として、最有力候補と呼ばれていたシャビ・アロンソ監督を呼ぶことは叶わず、現時点ではスポルティングのルベン・アモリム監督が最有力とも言われています。
一方、データ分析で導いたところ、ブライトンのデゼルビ監督が非常に高い数値を出したとのこと。
現時点で、デゼルビ監督は最有力候補ではないが、リバプールは広めに新監督候補のリストを持っていると同誌は指摘しています。
私としては、リバプールのことをよく知るマイケル・エドワーズの仕事に期待をしたいと思っています。
そのエドワーズが信頼を寄せるヒューズの働きにも期待したいですね。
新監督を決める作業が落ち着けば、主力の契約延長、さらには新戦力の補強へと仕事が流れて行くものと思われます。

-移籍関係
-,