移籍関係 プレイヤー

ルイス・ディアスを獲得するためならラフィーニャを差し出す可能性もあるバルセロナ

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


冷静に考えて、ルイス・ディアスを欲しがるクラブは多いと思います。
ただ、それを実現するためには、相当な資金力が必要であり、万が一ルイス・ディアスが動くことがあったとしても彼を獲れるクラブは限られて来ますね。

ルイス・ディアスを取り巻く状況が騒がしい。
これは、多くのリバプールファンが感じていることだと思います。
パパ・ディアスが、「息子の夢はスペインでプレイすること」なーんて言ってしまったものですからファンとすれば微妙な気持ちもあります。
しかし、リバプールでファイトするルイス・ディアスの姿を見れば、彼を愛さずにいられない。

私は、これは完全なゴシップだ!と確信しているのですが、Expressが報じるところによれば、バルセロナはルイス・ディアスを獲得するためならば、ラフィーニャを差し出す可能性があるとのこと。
ラフィーニャこそよい迷惑だと思いますが。
以前から言われているのですが、バルセロナでSDを務めるデコが、ルイス・ディアスの大ファンだと言われており、デコの執念でしょうか。

私はといえば、ルイス・ディアスがリバプールの7番を背負っている限り、彼はレッズに残ると信じているし、噂の類いをもってルイス・ディアスを批難するのはお門違いだと思います。
SDという点でいえば、リバプールは強烈なスタッフ、その陣容を備えました。
こういう噂を早めに消して行くことも大切だし、ルイス・ディアスとの契約延長が理想ですね。
あまりにデコが、禁じ手を使って来るならば、もうれつア太郎の本官に止めてもらいますか😅

-移籍関係, プレイヤー
-,