移籍関係

リバプールが関心を示すバカヨコにはオファー殺到か

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Johan Bakayoko


PSVに所属しリーグ優勝に貢献をしたのがヨハン・バカヨコ(ベルギー)ですが、21歳の若さにしてヨーロッパ屈指のドリブラーとも呼ばれています。
リバプールとバカヨコとのリンクについては、かなり以前から報道があったわけですが、バカヨコの人気は留まることを知らないようです。

リバプールの地元誌エコーがロマーノ氏の見解を紹介しており、リバプールはバカヨコに興味を持っていると指摘しています。
昨シーズンのバカヨコは48試合に出場し、14ゴール、14アシストという結果を出しておりPSVの攻撃を支える原動力でした。
ロマーノ氏の見解によれば、リバプールはバカヨコに関心を持っているものの、いまだ具体的な動きをしているわけではなく、イングランド、ドイツのチームと競合するだろうといいます。

同氏の見方によれば、バカヨコ獲得を巡るリバプールの戦いは6チームから8チームに及ぶとのこと。
かなりの激しい争奪戦ですね。
ただ、見方を変えてみると、バカヨコの主戦場は右のワイドです。
これは、モハメド・サラーの動きとリンクしないという方が難しいと思います。
髪を切ったモーが、怪我もなくシーズンを通じてコンディションをキープできれば、右ワイドの問題はある程度解決できると思います。
あとは、モーが欠けたときと、後継者選定の問題ですよね。
注意深く見守りたいと思います。

-移籍関係
-,