Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

クリスタルパレス対リバプール戦の結果と感想

投稿日:

Cc36t2bXEAAHzTJ
今さっき、アウェイでのプレミアリーグ、対クリスタルパレス戦が終了しました。

結果から書くと、1-2でリバプールが勝利!
逆転によるもので、この結果、リバプールはプレミアリーグ3連勝としています。

昨年末以来、ずっと低迷していたクリスタルパレスでしたが、ボラシーが戻って来たこともあったのでしょう、今日は健闘していたと感じます。

リバプールの得点者は・・・
72分 ロベルト・フィルミーノ
90+6分 クリスティアン・ベンテケ(PK)

まさに、試合終了間際に逆転ゴールを決めた形でした。

試合展開としては、先制したのはクリスタルパレスで、48分のこと。
やはり今日もコーナーキックからの展開で、そのこぼれ球を処理しきれずゴールを許したものでした。

リバプールの場合は、コーナーキックあるいはフリーキックを一度跳ね返した後の守備に、まだまだ課題を残した形かと思います。
ぜひ、今後とも改善してほしいと思います。

先制を許したリバプールは、右サイドバックのジョン・フラナガンを下げ、ベンチに温存していたフィリペ・コウチーニョを投入し、反撃を試みます。
61分のことでした。

おそらく、ユルゲン・クロップが目論んだのは、コウチーニョを入れることで攻撃を手厚くし、フラナガンを削った部分は、ジェイムズ・ミルナーに右サイドとしてプレイすることを求めたのでしょう。

しかし、思わぬ展開が待っていました。
フラナガンとコウチーニョの交代をした僅か1分後に、この日2枚目のイエローカードをミルナーが受け退場に・・・。

リバプールとしては、いやーな流れになったことも確かです。

それでも諦めないリバプールは、1人少ない状況でもボールポゼッションで上回ります。

同点に追いついたのが、72分のフィルミーノのゴールですが、これは相手ゴールキーパーのフィード(キック)ミスがあり、フィルミーノの目の前に、はからずもボールが吸い込まれる形に・・・。

ラッキーゴールとも表現されるでしょうが、いやいや、ゴールキーパーと1対1とはいえ、フィルミーノのフィニッシュは、実に落ち着いていたと思います。
あそこで焦らず、しっかりとゴールマウスを狙えるところに、フィルミーノの個人技の確かさを見た感がいたします。

試合を決めたのは、終了のホイッスルが鳴る直前のこと。
ペナルティーエリアへ縦に侵入したベンテケが倒されたとの判定でPK。
これをベンテケ自らが蹴り、リバプールに勝利を呼び込みました。

PKの判定については、微妙なジャッジでしたが、ある意味、リバプールに運がついてきたのかな・・・とも。

改めて、試合のスタッツにも触れたいと思いますが、1人少ない中で、リバプールはポゼッションでも優位に試合を進めることができました。

今日の試合で、あえて目立ったプレイヤーをあげるとすれば、エムレ・チャンでしょうか。
よく攻守に奮闘し、魂を見せてくれたと思います。

また、ボールとは遠く離れたところで、全速力で猛ダッシュ、スプリントするアダム・ララーナの姿が、私には印象的に映りました。

さて、今後ですが、ミルナーが退場処分となり、ルーカス・レイバも当分は戻れないため、次の試合において、リバプールがどんな中盤を構成するか?が注目されます。

土壇場の勝利ではありましたが、一人少ない10人となった試合で、勝ち点3を取れたのは、今後に向けて、実に大きな収穫だと思います。

いいイメージをもって、ヨーロッパリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦へ向けて準備したいですね。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.