Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

クリスタル・パレス戦(アンフィールド最終戦)の結果と感想

投稿日:

3218__7867__473610484_513X307
さきほど、ホーム・アンフィールドでのクリスタル・パレス戦が終了しました。

ありがとうキャプテン!
おつかれさま、スティーブン・ジェラード!

この試合は、言うまでもなく、キャプテンのラスト・アンフィールド。
ホーム、最終戦。

負けてはいけない試合だったと思います。

結果は、1-3の敗戦。

この試合を一言で表現すれば、’Why’でしょうか。

26分のアダム・ララーナの先制ゴールは、素晴らしかったと思います。
シュートも落ち着いていましたが、その前のシーン、縦に走り、ボールを奪う姿勢に、ララーナの良さを見ました。

キャプテンのことについては、別途ゆっくり書いていきたいと思いますので、この試合から感じたことを書きたいと思います。

いくつか疑問に感じた点があるので、ピックアップしてみますと・・・・。

1 なぜランバートを先発で使わずスターリングをトップにしたか?
ランバートを先発で起用することにより、チームの形が出来てきた・・・と思っていたところ、スタメンを見たとき、スターリングをトップに置く布陣に、若干驚いたのは事実です。

それくらい、トレーニングで、いいものを見せていたのだろうと、考えていたのですが、試合がはじまってみれば、スターリングが機能するシーンは、ほとんどなかったと思います。
この選択は、果たしてどうだったのか?一抹の疑問を抱かざるを得ません。

2 ボラシエへのケア
ファーストハーフにおいて、リバプール・ディフェンスが、ボラシエと一対一になるシーンを多くつくられ、そのほとんどで負けていた。
セカンドハーフには、守り方を工夫してくるだろう・・・と、思っていたのですが、どうもそういう形跡は見られなかった。

3 65分の2枚替え
セカンドハーフ途中で、ララーナとアイブを下げましたが、この2人を外すことが、本当に適切だったのか?
今日のコンディションであれば、スターリングを下げたほうがよかったのではないか?・・・と、感じてしまうのですが。

試合終了のホイッスルが鳴ったとき、スタンドで立ち上がり、拍手をしているイアン・ラッシュ。
その、あまりにも悲しそうな表情が、胸をしめつけました。

steven_gerrard_2000

実は私、試合前に、自分の中で想像の絵を描いていました。
サミ・ヒーピアのことを思い出しながら。

試合終了のホイッスルが鳴る。
プレイヤー達が、キャプテンの元に駆け寄り、ジョーダン・ヘンダーソンが中心となって、キャプテンの躰を高らかに持ち上げる。

私の想像は、夢想に終わってしまいました。

唯一、救いだったのは・・・・・・・

全プレイヤーが、ピッチに出て、キャプテンを出迎えるとき、全員が8番のユニフォームを着ていたのに、キャプテンと一緒に入場する少年がコウチーニョのユニフォームを着ていたこと。
これには、癒やされました。

心からの笑顔で、キャプテンを送れなかったことは、本当に残念ですが、逆境に強いスティーブン・ジェラードのことです。
必ずや、何らかの形で、最高の時を演出してくれることでしょう。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.