高まりはじめたマリオ・ゲッツェのリバプール入り報道

football-mario-gotze-fc-bayern-munich-munchen_3183483
以前からリバプールの補強候補の一人とされて来たバイエルン所属のマリオ・ゲッツェですが、この夏にはバイエルンを離れ、リバプールへ行くのではないか!という報道が更に高まってきたようです。

マリオ・ゲッツェは、怪我も抱えていたという事情もありますが、このままバイエルンに残ってもポジションが約束されていないという状況もあり、恩師であるユルゲン・クロップの元へ新天地を求めるだろうというのが、主な論調です。

また、ユルゲン・クロップも補強希望リストの中に、マリオ・ゲッツェの名前を入れているともされ、それが真実ならば、あとはクラブ間の合意次第とも言えそうです。

マリオ・ゲッツェは、今シーズンのブンデスリーガにあって、僅か8試合の出場にとどまっており、内先発出場を果たしたのは5試合。
また、来シーズンになっても、その状況が改善される保証はなく、バイエルンを去る選択をするだろうというのが、大方の見方のようです。

マリオ・ゲッツェに近い筋の人が言うには、「マリオ・ゲッツェにとって、ユルゲン・クロップは父親のようなものだ」とも・・・。

たしか、ドイツでは、他の国と違って「父親」という言葉がもつ意味は重いと聞いたこともあります。

以前お伝えしたように、マリオ・ゲッツェは、今でもユルゲン・クロップと個人的に連絡を取り合っているとのことだし、バイエルンでの現状のことも、クロップ自身認識していることでしょう。

ドルトムントで師弟関係にあった2人が、再び一緒に仕事をすることになるのか?
少なくとも、メディア筋では、その実現性が濃くなったと見ていることは、間違いなさそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]