Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

クリスティアン・ベンテケ移籍の障壁になるであろうこと オファーはあれど・・・

投稿日:

liverpool-benteke-christian-anfield_3338839
頭をニュートラルにして、冷静に考えた場合、来シーズン以降もクリスティアン・ベンテケがリバプールに残っている可能性は、非常に低くなったのではないでしょうか。
リバプールのスタイルにフィット仕切れず、出場機会に恵まれていないことも大きな理由としてありますが、何よりベンテケ自身が、リバプールでモチベーションを持続させることが困難になって来ていると感じます。

そのベンテケですが、いくつかのクラブが欲しがっているという話は聞きます。
その中で、まず中国からのオファーに関しては、ベンテケが希望しておらず、行き先のひとつから消去してよいかと思います。

現時点で、ベンテケ獲得に強い関心を示しているとされるクラブは、たとえばウェストハムやアトレティコ・マドリードあたりです。
リバプールとしても、おそらくですが、それなりの金額でのオファーがあれば、同意するものと考えられます。

ただし、ベンテケが移籍する場合には高い障壁が存在するのも事実のようです。
それは、あまりにも高いベンテケの週給(サラリー)です。

移籍金を支払うのはよい。
しかし、それだけの週給は払えない!
という課題も、交渉がはじまるにつれて、浮上してくるかと思います。

ただ、週給面に関しては、ベンテケの個人間合意の問題なので、リバプールだけでは決められない部分もありますね。

こう考えてくると、マリオ・バロテッリの件といい、新加入プレイヤーを獲得するには、非常に繊細な計算、先を見通す力眼が必要だと分かります。

獲ったはいいがもてあます。
こういった負の連鎖は、そろそろ断ち切りたいところですね。

リバプールの移籍委員会が残したツケが、まだ残っているということでしょうか。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.