フットボールでは2位には意味がない 1位を取るのは私の責任(ユルゲン・クロップ監督)


今シーズンは、マンチェスター・シティと共に、プレミアリーグのタイトル争いを演じると期待されているリバプールですが、ユルゲン・クロップ監督がやって来て以来、着実にチーム力は向上してきていると思います。
また、勝敗以外の部分でも、リバプールのスタイルは、実に好感が持てますね。
見ていて気持ちのいい戦いっぷり。
さて、ユルゲン・クロップ監督ですが、フットボールにおいては、2位には何ら意味はないという趣旨の発言をしています。
続きを読む

ユルゲン・クロップ監督からのメッセージを歓ぶハリー・ウィルソン


リバプール期待の若手であるハリー・ウィルソンですが、今シーズンはダービー・カウンティにローンで行っていますね。
過日開催されたリーグカップ3回戦では、オールド・トラフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦で、見事なフリーキックで直接ゴールを決めています。
続きを読む

ケビン・デ・ブライネの復帰を歓迎するユルゲン・クロップ監督 我々はベストのシティを倒したい!


怪我の影響で、長期離脱を余儀なくされていたマンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネですが、既にトレーニングに復帰したということは、既にお知らせをしたところです。
注目点としては、リバプール戦に出て来るのか?という部分ですが、ユルゲン・クロップ監督は、出て来てほしいというコメントを出しています。
続きを読む

ユルゲン・クロップ監督の元にいられて幸せ(ロベルト・フィルミーノ)


いまや、リバプールに欠かすことの出来ない存在となったロベルト・フィルミーノ。
ユルゲン・クロップ監督が目指しているフットボールを実現するために、ロベルト・フィルミーノは、その核になっている感さえいたします。
そのロベルト・フィルミーノですが、マンチェスター・シティとのビッグマッチを前に、Sky Sportsのインタビューにこたえたそうです。
続きを読む

マリオ・ゲッツェにリバプール行きを勧めるケビン・グロスクロイツ


ユルゲン・クロップ監督の元、ドルトムントで活躍をしたマリオ・ゲッツェ(ドイツ)ですが、バイエルン・ミュンヘンへ移籍したものの、思うほどの出場機会は得られず、古巣であるドルトムントに戻ったことについては、ご存知の皆様も多いことと思います。
しかし、ドルトムントでも、なかなか出場機会を得られない状況となっており、かつてのチームメイトであるケビン・グロスクロイツは、来る1月にもリバプールへ行くことが良いと発言をしたそうです。
続きを読む

アンドリュー・ロバートソンの成長を讃えるユルゲン・クロップ監督

Andy Robertson


昨年の夏、ハル・シティからリバプールへとやって来たアンドリュー・ロバートソン。
先日は、スコットランド代表のキャプテンにも任命されましたね。
思えば、2017-2018シーズンは、ロボが本当のブレイクを果たした年になりました。
続きを読む

ユルゲン・クロップ監督が目指すフットボールを具現する重要なプレイヤー


リバプールのフットボールは、見ていて面白い。
私は、単なる1ファンですので、当然リバプールの試合を楽しみにしていますが、たとえば中立の人々が観たとしても、リバプールがやっているフットボールは楽しいと思うのです。
アグレッシブであり、常に攻撃をしていく姿勢は、本当に気持ちがいいですね。
続きを読む

ユルゲン・クロップ監督の元で続けていきたいと語るジョーダン・ヘンダーソン


先日、リバプールとの新たな契約にサインをしたジョーダン・ヘンダーソン。
これは、2023年までの5年に及ぶ長期契約だとされていますね。
思い返せば、ジョーダン・ヘンダーソンがリバプールへとやって来たのは2011年のこと。
あれから、7年の歳月が経っています。
続きを読む