ユルゲン・クロップ 「休暇を取ることに決めた」

jurgenklopp

現在、公式には何ら監督に関するコメントを発していないリバプールですが、6月に入ったらクラブとブレンダン・ロジャーズが会談を持つことは決定しているようです。

ノー・アクションということは、素直に考えれば、監督続投ということになると思いますが、周囲の空気という点でいけば、ファンに対して、何らかの語りかけがないと、前へ進めないようにも思います。

地元ファンの間で、待望論が拡がっているユルゲン・クロップですが、月曜日に代理人との話し合いをもったそうで、愛着あるドルトムントを離れて、しばらくは「休養を取る」ことに決めたと発表したそうです。

クロップの行き先について、各メディアは、リバプールかシティ・・・と、考えていたようですが、クロップ側から、プレミア行きを否定するコメントを発したという解釈に取られている模様。

リバプール首脳が、ブレンダン・ロジャーズ続投で迷いがない!ならば、それもいいでしょう。
しかし、もしも・・・・新監督候補を舞台裏で探していたとするならば、またしても、後手にまわったという見方も成り立ちます。

ただ、クロップは、その発言の中で、こんな言い回しもしています。

「私は、今後何らかの働きかけがあるまでは、休むことにしたい」

これまた、実に解釈が、いろいろ出来そうな言葉・・・。

ロジャーズ続投にしても、新監督を招聘するにしても、2014-2015シーズンの精算、区切りをつけて、前を向いて進むことが、今、一番大切なことではないか?と、私は思います。

現有戦力の契約更新関係にも、兆候が見られたように、リバプール、現在のフロント体制に、やや歪みが出ているような気もいたします。
確固たる信念のもと、自信をもって、ファンに語りかけてほしいですね。

それがあって、はじめて、新シーズンへ向けて、クラブもファンも心をひとつにして、進んでいけると思うのですが。

リバプールの記事が激減した「3つのはてな」

gerrard7
皆様、こんばんは。
結構、暑い日になりましたね。

先日の地震、皆様ご無事だったでしょうか。

私こと、数年にわたり、一応毎日、リバプールのオフィシャルページはもちろん、海外の報道にも、眼を通すのですが、最近実感していることがあります。

統計を取ったりはしていませんが、そう、実感として明らかに感じ取れることがあるのです。

それは・・・・シーズン終了後、リバプール関係の記事が激減していること。

オフィシャルページは、毎日更新するのが義務のようなものですが、最近は、スティーブン・ジェラード頼み・・・。
キャプテンへのエール、メモリアルで、どうにか記事スペースを維持しているような状況に思います。

また、各種メディアの報道ですが、本来なら、移籍関係のゴシップでもいいから、増えて来るべき時期にも関わらず、むしろシーズン中よりも減少している・・・・。

私なりに、このことには、主に3つの要因があると考えております。

比重が大きいと思うものから、列記してみますね。

☆監督が誰になるのか?がはっきりしない
☞司令官が決まらなければ、具体的な補強策も練れない・・・。

☆ラヒーム・スターリングの処遇が分からない
☞残留するならば、貴重な戦力確保だし、放出するなら大きなマネーが入ってきますが、現時点においても滞っている。

☆本当にビッグネームのストライカーを補強してくれるのか?という疑問(不安)がある
☞補強候補として、多くの名前があがっていましたが、シーズン終了後、その勢いが失速した感がある。

ファンとしては、もちろん好ましい状況であるとは思えません。
何とか、チームが迷走しないことを祈るばかりです。

スティーブン・ジェラードというカリスマを失ったリバプール。
この夏こそ、しっかりとしたフロントのマネージメント能力が試されるときだと思います。

何か、ぱーっと明るいニュースが、一発来てくれたら嬉しいですね(^・^)

すみません、雑談にお付き合いくださり、感謝です。

ネタがなくたって、練り出しますよ!(笑)

スティーブン・ジェラードのイングランド代表復帰はあるのか?

stevo_2254628b

6月に入りましたね~。
リバプールとしては、これからキャプテンのいない日々のはじまり。

前々から分かってはいたことですが、やはり寂しいですね。

さて、いくつかのメディアが、イングランド代表でのキャリアを振り返ったキャプテンの言葉を掲載しています。

一言でいえば、代表に対するキャプテンの気持ちは、「フラストレーション」。

成し遂げられなかったこと、悔しかったこと・・・・沢山あったことでしょう。

期待されたチームを組めたときも、敗退したり、負けはしなかったもののPK戦で敗退したりと・・・。

ワールドカップ終了後に、キャプテンは、イングランド代表引退を発表しましたが、私が思うのは、当時とはキャプテンを囲む環境が、激変していること。

過去の例を見ても、代表に返り咲いたケースは多々あるし、ユーロを目指してもいいのではないでしょうか?
もちろん、そのために、フィジカルをしっかりとケアしてもらって・・・。

そもそも、キャプテンがイングランド代表引退を決意したのは・・・・
○リバプールでのプレイに集中する
○少しでも長く、リバプールのためにプレイする

そのことを最も望んでいたのが、誰あろうブレンダン・ロジャーズだったと思います。

もはや、リバプールのためにプレイすることが出来ないキャプテン。

悔いが残っているのならば、チャレンジしてみてよいと、私は思っています。

「一度身を退くと声明した人が戻るのはよくない」というご意見もあることでしょう。

しかし、フットボールの世界では、夢も見てみたい。
今一度、スリーライオンズのユニフォームを纏うスティーブン・ジェラードの姿。

イングランド代表のキャップ数でいくと、トップは断トツでピーター・シルトンですが、シルトンはゴールキーパー。
フィールド・プレイヤーでは、デビッド・ベッカムがトップですが、もしキャプテンが復活すれば、間違いなく、ベッカムの記録を抜くことが出来ます。

さて、キャプテンの胸中やいかに?

当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・ということが、許されるなら・・・・。
私は、キャプテンは、イングランド代表に復帰する!に、一票を投じたいと思います。

そんな予感がするのです。

今週中にもレッズがイングスと会談へ

JS64458865

メディアによっては、ダニー・イングス(バーンリー)の獲得レースは、トッテナムが有利・・・と書いているところもありますが、エコーが報じるところによれば、リバプールは、今週中にも、イングスとの会談の場を設けるとのことです。

一歩前進ですね。

イングスのバーンリーでの契約は、6月末までとなっており、今回の会談がよい話し合いになれば、リバプールの補強第一号になる可能性もありそうです。

あくまで、メディアによればですが、トッテナムからのオファーはあるにしても、イングスとしては、アンフィールド行きを優先に考えているとも。

話し合いが順調に進めば、バーンリーとの契約が切れる日を待ち、7月1日にも、リバプールのイングスが誕生するかもしれません。

イングスの場合は、低迷するバーンリーの中にあって、存在感を示していたことに加え、若い!という魅力がありますね。

将来性も含めて、リバプールとしては、ぜひ抑えておきたいプレイヤーではあることでしょう。

少なくとも、今週中のどこかでは、リバプールとイングスの話し合いが持たれるのは事実のようなので、そこでまた、何らかの報道があるものと思われます。

フロントさん・・・ぜひ、しっかり頼みますよ!

クロップが監督に就任すれば、スターリングは残留する メディアより

Raheem-Sterling-of-Liverpool-during-warm-up

いまだに、混沌としたままのラヒーム・スターリングの動向ですが、先日は、予定されていたクラブとの話し合いまで、土壇場でキャンセルになるという、異例な展開に発展してきましたね。

さて、ここでご紹介するのは、Tha Sunなど、いくつかの海外メディアが報じていることに過ぎませんが、ご参考までに、若干ふれてみたいと思います。

その内容は・・・・
ラヒーム・スターリングは、ユルゲン・クロップが、リバプールの監督に就任するならば、クラブに残留するというものです。

メディアの記事、その論調からは、「それのみが残留の道」というニュアンスにも受け取れました。

私は、正直、ちょっと驚きました。
(もちろん、記事の信憑性はともかくとしてです。)

というのは、ブレンダン・ロジャーズは、スターリングをかなり重用し、可愛がっているイメージが強かったからです。

あえて言えば、ロジャーズでなければ、スターリングの出番が、あれほどあったか?と、疑問にも感じます。

しかしながら、メディアが報じるには、スターリングは、アンフィールドでの未来、その姿が見えてこない・・・ということを胸に秘めており、もし、クロップが監督で来るのなら、残留する方向に気持ちが変わる・・・というものです。

ブレンダン・ロジャーズとラヒーム・スターリング。
この2人の間に、何があったのか?
あるのか?

内部にいる者にしか分からないことですが、意外な記事ではありました。
どうも、ミステリー性を帯びてきたような・・・。

いずれにしても、こういった記事を書かれるということは、ロジャーズの去就について、各メディアが、眼を光らせているということだけは、確かなようです。