リバプールの1月補強候補にジョフレイ・コンドグビア(インテル)の名前が再浮上 メディアより


インテル所属のMF、ジョフレイ・コンドグビア(フランス)といえば、昨年中もリバプールが関心を持っていると、度々報じられてきましたが、ここへ来てMirrorが再び記事にしています。
同誌の記事によれば、インテル側が、1月に出すことを容認する方針を固めているとか・・・。

ジョフレイ・コンドグビアは、1993年2月15日生まれの23歳で、ミッドフィールダーとしては非常に逞しい体格の持ち主です。
本職は、ディフェンシブ・ミッドフィールダーだと考えてよいでしょう。

昨年は、この場でも何度かご紹介しましたが、ジョフレイ・コンドグビアに関しては、かなり以前からユルゲン・クロップが注目していたとされています。
インテルに加入する前にいたモナコ時代から、ユルゲン・クロップが見てきたともされています。

ただ、私が昨年見聞きしたところでは、インテルでは監督との関係やら、なかなか馴染めていないようです。

Mirrorの記事に則れば、インテルとしては1月にローンで出し、夏での買い取りオプションを設けさせたい意向だとのこと。
その金額は、£18.5mともされています。

一方、同誌では、ジョフレイ・コンドグビアにはチェルシーとマルセイユも関心を寄せているとしています。
でも、チェルシーにはカンテがいますよね・・・。

インテルでは出番が少なくても、リバプールへ来れば活躍できるというケースは存在しますが・・・。

あとは、もしこの話が本当ならば、ルーカス・レイバの去就にも、少なからず影響を与える可能性がありそうですね。

補強関連は、決まるまで分からないことのほうが多いわけですが、ジョーダン・ヘンダーソンの状態がどうなのか?
リバプールとしては、その点も見極める必要がありそうです。

LINEで送る
Pocket