ロベルト・フィルミーノ宅に泥棒 安全のためホテル生活へ


昨年末のこと、ロベルト・フィルミーノの自宅に窃盗犯が入っていたことが明らかになったそうです。
幸い、事件があった当時、フィルミーノもご家族も留守にしており、物を盗まれた被害に留まったとのこと。
複数以上の英国メディアが報じています。

リバプールのプレイヤー宅への泥棒と言いますと、以前も頻発したことがありました。
有名なところでは、スティーブン・ジェラード、ディルク・カイト、ダニエル・アッガー、ぺぺ・レイナ宅が狙われた事件が連続して起こっています。

幸い、ロベルト・フィルミーノとご家族は無事でしたが、大事を取って現在はホテルで暮らしているとのことです。
疲れた後は自宅で休みたいだろうし、気の毒ですね。

これまでの経緯といい、明らかにリバプールのプレイヤーの自宅を特定し、狙い撃ちにしている可能性が高く、警備を厳重にしてほしいところです。
何か身体的な被害が起きてからでは遅すぎます。

これだけ多発しているのに、犯人像が見えて来ないことが不安ですね。

それにしても、どうしてこんなことをする輩がいるのか!
まったく許せない行動です。

世界的なスターを揃えるクラブだけに、身辺のセキュリティーにも万全の配慮をお願いしたいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]