ワトフォード戦に備えたメルウッドでのトレーニング風景(土曜日)


マンデー・ナイト開催のプレミアリーグ、ワトフォード戦。
この試合に備え、土曜日にメルウッドで行われたトレーニングの模様が一部公開されておりますので、今回はその様子を見ていきたいと思います。

今回の試合は、プレミアリーグ第35節ということで、リバプールに残された試合は4ですね。
まさに大詰めだし、モチベーションをマックスにして臨みたいところです。

今シーズンは、ジェイムズ・ミルナーを左サイドバックにコンバートしたことから、ポジション争いをする形になっている2人ですが、いずれも良い表情をしていますね。

絶対に勝たなければいけない!というときに持っているブラジル人のハートは強いものがあると、私は思っています。
これからの4試合、コウチの活躍に期待したいですね。

アダム・ララーナは、しっかりとチームトレーニングに戻っている様子が確認できます。
リバプールにとっては、重要な存在なだけに、仮にベンチスタートになった場合でも、相手に与えるインパクトは強いことでしょう。

トレーニングの様子を見るたびに思うのですが、ルーカス・レイバはいつも明るい表情をしていますね。
ワトフォード戦でも先発を任されるのか。
注目したいポイントのひとつかと思います。

負傷のため、前節はメンバー外になったラグナル・クラヴァンですが、トレーニングにも戻れているようでよかったです。
残り試合、ベンチも含めて少しでも層を厚くしたいリバプールにとっては、ラグナル・クラヴァンの復帰は朗報でありましょう。

うけるーーー!的なリアクションをしている2人。
ダニエル・スタリッジの表情にも笑顔あり。
ほっとしますね。

今のリバプールにとって、やはりこの人にかかる期待は自ずと大きなものがあると思います。
ぜひ、試合を決定づけるようなプレイを披露してほしいと願っています。

トップ4争いが非常に激戦になっており、ライバルチームの試合結果も見ながらの戦いとはなりますが、ことプレイヤーに関しては、自分達のプレイ、試合に集中して勝ちにいくのみ!ですね。

今シーズンにおいて、より高い順位でフィニッシュすることも重要だし、また来シーズンへ繋げるためにも、よい感触を得ておきたい時期です。

文字通り、ラストスパートですね!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]