ディヴォック・オリギとドミニク・ソランケのポジション争い


リバプールのストライカー。
果たして、この夏に補強を行うのか?
いまだ、明確なこたえは分かりませんが、人数的には足りていると言ってもいいとは思います。
今回は、あくまで現有戦力におけるストライカーについて、ちょっとだけ考えてみたいと・・・。

まず、ファーストチョイスですが、重要な試合であれば、ロベルト・フィルミーノをトップで起用するというのが順当かと、私としては考えています。
もちろん、ロベルト・フィルミーノはワイドでも、偽9番でもプレイが可能なので、別のストライカーとの併用もできることでしょう。

次にあげたいのは、ダニエル・スタリッジですが、プレシーズンでは絶好調と言われてきたものの、やはりまた怪我をしてしまいました。
となると、計算が立てにくいという課題は残りそうです。
それでも、フィジカル・コンディションさえ整えれば、頼れるストライカーとして重用されることと思います。

今回、主に取り上げたいのは、その次・・・であります。
キャリアであるとか、リバプールでの経験値でいえば、ディヴォック・オリギの名前がくると思います。

ただ、新戦力のドミニク・ソランケが、プレシーズンマッチにおいて、素晴らしい活躍ぶりを見せています。
この二人の明暗を分けたのが、先日のアスレティック・ビルバオ戦だったと、私は考えています。

ファーストハーフに出場したディヴォック・オリギは、私が見る限り、2度の決定機を外してしまいました。
一方、セカンドハーフに出てきたドミニク・ソランケは、1ゴール、1アシスト。

まだ、ポジション、序列争いは続くと思いますが、もしかしたら、ドミニク・ソランケがディヴォック・オリギよりも上位に来るということも考えられるように思います。

このへんは、注目していきたいし、ディヴォック・オリギの奮起にも期待ですね。
ドミニク・ソランケには、このまま上昇気流に乗ってほしいと願っています。

もちろん、ダニー・イングスのことも忘れてはいけません。
2シーズン続けての大怪我からの復帰だし、焦らせることはしないと思います。

それでも、いつかはチャンスをつかまないとですね。
ダニー・イングスがピッチへと戻って来た日には、大きな拍手で迎えたいものです。

リバプールのストライカー。
ユルゲン・クロップ監督が、どんな起用法を実行するのか。
興味は尽きません。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]