モナコがリバプールにトーマス・レマーとの話し合いを認める メディアより

Thomas Lemar


かねてから、リバプールの補強ターゲットだとされているモナコ所属のトーマス・レマー(フランス)ですが、実際去りし夏の移籍マーケット時には、リバプールがデッドラインデーまで交渉に奔走したとされています。
また、来る1月にも再チャレンジをするのではないかとの憶測も飛んでいるところ。

さて、あくまでMetroが報じるところによればですが、モナコがリバプールに対し、トーマス・レマーとの話し合いに入る許可を出したとのこと。
同誌は、リバプールにグリーン・ライトと報じています。

もし本当だとすれば、条件次第では、モナコは1月にも放出を受け入れるということでしょうか。

Metroが記事にしていると書きましたが、情報の発信源はMundo Deportivoだとのこと。
これによれば、1月の移籍を前提に、リバプールがトーマス・レマーと接触することに、モナコがオッケーを出したと・・・。

この情報によれば、リバプールは移籍金の額を何度となく照会しており、£62m – £71mで、獲得の目が出ると見られているようです。

ただ、トーマス・レマーには、アーセナルも非常な関心を寄せており、両チームを軸とした争奪戦になる可能性も否定できません。

アーセナルは、主力プレイヤー達の契約延長問題で苦戦している部分があり、1月には、どんな動きをするかが興味深いですね。

リバプールが、本当にトーマス・レマー獲得へと動くのか?
なかなか読みにくい部分はありますが、少なくとも夏の時点では本気だったと見てよさそうです。

もし、この移籍が実現したら、移籍金におけるクラブレコードですね。

1月の移籍マーケット。
その窓が開くまで、あと半月。

どれだけの資金を投入するのか?
収益が入ってくる可能性があるのか?

私としては、ぜひセンターバックにワールドクラスがほしいとは思っているのですが・・・。

真冬ではありますが、熱い日が訪れることになる予感がします。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]