ジョーダン・アイブ 「ユルゲン・クロップは本当に素晴らしい監督」


明日には、プレミアリーグでボーンマスと対戦をするリバプールですが、ボーンマスといえば、ジョーダン・アイブがいますね。
私自身のことを話すと、ジョーダン・アイブがトップチームでデビューを飾った際、何かしら特別なものを持っている若者だと感じました。
きっと、リバプールの未来を背負うプレイヤーになるのではないかと。

結果的に、ボーンマスへ移籍をすることになったわけですが、ジョーダン・アイブがユルゲン・クロップ監督に感謝をする気持ちは、相当篤いものがあるようです。

ジョーダン・アイブは、ユルゲン・クロップ監督から1対1で、いろいろなことを教わり、助けてもらったと。
特に、苦手だったディフェンス面でのプレイにおいて、多くを学んだとしています。

ジョーダン・アイブの言葉は、エコーでも紹介されており、その一節に、こんなものがあります。

「彼は、本当に良い監督だよ。プレイヤーに自信を与えてくれるんだ。そういうことって、とっても重要だよね」

「ベンチからだろうと、スターター(先発)であろうと、それに関わらずね」

「みんなが同じように感じているよ。だからぼくは、彼に信頼を寄せているんだ」

重心が低く、突破力に凄みのあるジョーダン・アイブ。
リバプールは、たとえばウィングへの補強を重要事項としてきました。

プレイヤーとすれば、出場機会があることが、何よりのこと。
放出も、今思えば致し方なかったのかもしれません。

それでも、かつての恩師に敬意を表する姿勢は立派ですね。

まだまだ、これから伸びる余地もあるし、ぜひプレミアリーグで花を咲かせてほしいと願っています。

明日は、対戦相手となりますが、成長した姿を見せてほしいものです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]