マンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトン戦はドローに(プレミアリーグ第21節) リバプールとの勝ち点差が3に縮まる


オールド・トラフォードで開催されたプレミアリーグ第21節、マンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトンの試合は、スコアレスドローという結果となりました。
これにより、マンチェスター・ユナイテッドは、直近のプレミアリーグで、3試合連続のドローとなり、表現を変えれば、3試合で勝ち点6を落としたことになります。
レスターに勝利したリバプールとの勝ち点差も、一気に縮まってきており、あと3ポイント!というところまで肉薄しています。

プレミアリーグで、3試合連続ドローと書きましたが、その前にはリーグカップで、下部リーグのブリストル・シティーに敗れており、公式戦で4試合勝ちがないという状況となっております。

また、マンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトン戦では、ロメル・ルカクが相手プレイヤーと競り合った際、後頭部を強打しており、ストレッチャーで運ばれるという事態も起きています。
ピッチに倒れ込んだ姿を見ていると、ちょっと心配な状況に映りました。

マンチェスター・ユナイテッドは、1月1日に試合が組まれており、アウェイでのエバートン戦が待っています。

ここは、ウェイン・ルーニーの爆発に期待したいですね。

一時期は、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドの勝ち点差は、かなり開いていましたが、いまや射程圏内!
一歩ずつ順位をあげていくことが大切だし、まずはマンチェスター・ユナイテッドをターゲットを据えて、抜き去りたいですね。

さらに、チェルシー。
リバプールとしては、取りこぼしをすることなく、着実に勝ち点を重ねていきたいところです。
そうすれば、自ずと光明が見えてくることでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]