レオン・ゴレツカはバイエルン行きでの気持ちはかたまっていない(同代理人)

Leon Goretzka


リバプールの有力な補強候補の一人とされるシャルケ所属のミッドフィールダー、レオン・ゴレツカ(ドイツ)ですが、つい先日のこと、一部のメディアで、バイエルン行きが報じられたところでした。
レオン・ゴレツカは、シャルケとの契約が、今シーズンいっぱいで満了となることから、夏にはフリートランスファーとなり、ある意味、オファーがあれば、自分の希望を通せる立場でもあります。
そんな中、エコーなどが報じるところによれば、レオン・ゴレツカの代理人が、「まだレオンの気持ちはかたまっていない」と、発言したとのこと。

簡潔に言ってしまえば、バイエルンに行くことで、決めているわけではないと、受け取っていいと思います。

レオン・ゴレツカの代理人は、「もし決まったならば、まず最初にシャルケに伝えるよ」とも語っているようで、バイエルン行きと出てしまった報道を否定した格好になっています。

シャルケに伝えるまでは、まだ決まっていないということだと・・・。

レオン・ゴレツカは、1995年2月6日生まれの22歳。
これからのドイツを背負っていく逸材とされていますね。

189cmという長身を持ちながら、ドリブルにパスにと、高いスキルを発揮するタイプで、中盤であれば、どんな役割でもこなせるという柔軟性も兼ね備えています。
また、得点能力もあるプレイヤーだと言ってよいかと。

ユルゲン・クロップ監督が、レオン・ゴレツカを評価しているという話は、よく耳にしますが、果たしてリバプールへ来ることはあるのか。

夏まで待てば、フリーでの獲得。
場合によっては、シャルケとの交渉次第で、1月の移籍があるかもしれない。
そんな状況かと思います。

バイエルンは、獲得レースでは、なかなかの強敵ですが、ここはクロップ電話の威力を発揮するときでしょうか。

今後の動向を注視したいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]