リバプールのトップ・ターゲットはトーマス・レマーか

Thomas Lemar


コウチーニョを放出したことによる資金をどのように使うかが注目されているリバプールですが、いろいろ補強候補の名前はあがっているものの、トップ・ターゲットは、モナコ所属のトーマス・レマーだ!という論調は根強くあるようです。
DailymailやMirrorなどが報じています。

ただ、交渉が難航することも予想されます。
以前からモナコの幹部は、1月には放出しないという発言を繰り返しており、つい先日には、モナコを率いるレオナルド・ヤルディム監督が、トーマス・レマーを1月に手放すことはないとコメントをしていました。

それでもリバプールは、モナコに対して交渉を仕掛けるという論調がありますが、今後どのような展開になっていくのでしょうか。

トーマス・レマーは、1995年11月12日生まれの22歳。
フランスの将来を担う逸材とされていますね。

簡単な交渉ではないと思いますが、リバプールにとってポジティブな点があるとすれば、トーマス・レマー本人は、リバプール行きを望んでいるとか。

数多くのクラブから注目されているトーマス・レマーですが、特に熱心なのは、リバプールの他にはアーセナル、さらにはマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなども狙っているとされています。

以前も報道で出ていましたが、トーマス・レマー自身は、リバプール行きを欲しているという報道はあります。

ファン心理としては、リバプールでプレイをしたい!というタレントに来てもらうことが一番ですね。

昨年の夏には、デッドラインデーまで、トーマス・レマー獲得交渉に奔走したとされるリバプール。
この1月に、その熱意が実ることはあるのでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]