ユルゲン・クロップ監督の元で学びたいと希望するダニ・セバージョス(レアル・マドリード)

Dani Ceballos


以前も一度、レアル・マドリード所属のミッドフィールダー、ダニ・セバージョス(スペイン)が、リバプール行きを希望しているようだという記事を書かせていただきました。
若くして、その才能を高く評価され、2017年の夏には、レアル・ベティスからレアル・マドリード入りを果たしています。

当時は、バルセロナもダニ・セバージョス獲得を目論んでいたという報道もありました。

ただ、現実は厳しく、レアル・マドリードでは、望むほどの出場機会に恵まれていないのも事実。
リーガ・エスパニョーラでは、6試合の出場に留まっており、内先発は2試合しかありません。

さて、Diario Golの情報を織り交ぜながら、エコーが報じるところによれば、ダニ・セバージョスは、ユルゲン・クロップ監督に尊敬の念を持っており、その元で学びたい!という意欲を持っているとか。
ゆえに、ダニ・セバージョス獲得レースが起こった場合、リバプールが有利!と見られているようです。

テクニックに優れ、イマジネーションも持ったタイプだと思いますが、リバプールが補強候補に入れているかですね。

移籍金についてですが、レアル・マドリードは、レアル・ベティスに対して£15mを支払ったそうで、短期での放出となれば、同額は取り戻したいとするだろうと、見られている模様。

ダニ・セバージョスは、1996年8月7日生まれの21歳。
まだまだ、これから伸びていく時期だと思います。

出場機会を得たい!というのは、フットボーラーであれば、誰でも持っている気持ちだろうし、巡り合わせも影響しますね。
レアル・マドリードというクラブに在籍する名誉と共に難しさ。
その図式の中にあるタレントだと言えそうです。

ただ、本人が、心からユルゲン・クロップ監督の元で成長したい!と望むなら、ブレイクする可能性も否定はできません。
リバプールが動くことはあるのか?

こればかりは、見守るしかありませんね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]