ナビ・ケイタの1月リバプール入りが実現する可能性も RBライプツィヒがスタンスを軟化か

Naby Keita


リバプールでプレイがしたい!
そう言ってくれるプレイヤーは、有り難いものです。
ビルヒル・ファン・ダイクも、その一人だったし、ナビ・ケイタも同様。
ナビ・ケイタ自身は、早くリバプールへ行きたい!という思いをつのらせているようです。

リバプールは、コウチーニョを放出したこともあり、今夏には加入することが決まっているナビ・ケイタについて、前倒しして1月に貰えないか?と、交渉してきたとされています。

しかし、これまでRBライプツィヒの姿勢は一貫していて、1月での放出はノーということでした。

ただ、ドイツ筋の情報によると、そのRBライプツィヒがスタンスを軟化させているとのこと。

これは、Bildが報じていることだそうで、エコーが取り上げています。

報道の骨子としては、ナビ・ケイタの1月での放出について、RBライプツィヒがスタンスをやわらげてきており、移籍金の上乗せによって合意する動きがあるとのこと。

金額的には、£13m以上を得られればということのようです。
具体的には、£13m-£17.5mという数字もあげられていました。

リバプールが、1月に誰を連れてくるのか?
いろいろ補強候補の名前があがっていますが、ユルゲン・クロップ監督の希望としては、ナビ・ケイタを早く使いたい。
そんな見方もありました。

もし、ナビ・ケイタを1月から起用できるならば、リバプールにとっては大きいですね。

何より本人が、リバプール行きを強く希望していることもあり、実現すれば、モチベーションも新たに活躍してくれることでしょう。

まだ、報道ベースの話であり、今後の推移を見守ってみたいと思います。

ナビ・ケイタが来れば、中盤には、よりダイナミズムが生まれることでしょう。
実現すれば、リバプールにとって大きな朗報となりそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]