ジャック・バトランド(ストーク)はリバプールへ行きたがっているとの報道がふたたび

Jack Butland


リバプールの夏の補強はといえば、特にゴールキーパーをどうするのか?という話題が多いように思います。
これまでの経過を見ると、ローマ所属のアリソン(ブラジル)の名前が、最も頻繁に出てきていると言っていいと思いますが、ストーク所属のジャック・バトランド(イングランド)をターゲットにしているという報道も以前から存在するところです。

今回は、ジャック・バトランドの件について、Mirrorが報じており、リバプールとアーセナルが興味を持っているが、ジャック・バトランド本人は、リバプールに行きたがっているという内容でした。
リバプールへ行き、ユルゲン・クロップ監督のもとで、プレイをしたがっていると。

ジャック・バトランドは、1993年3月10日生まれで、25歳になったばかり。
ゴールキーパーとしては、まだまだこれからという年齢ですね。

本年開催されるロシア・ワールドカップでは、ジャック・バトランドがイングランド代表のナンバー1ゴールキーパーになっているかもしれない。
そんな声もあるようですが、ジョー・ハートが、出場機会を思うように得られていない中、十分にあり得そうだとは、私も思います。

ストークとすれば、当然売りたくはないところでしょうが、Mirrorによれば£40mの線ならば・・・という記事を出してきています。

同誌は、リバプールにとってアリソンもターゲットだが、ジャック・バトランドはプレミアリーグでの経験を持っており、来シーズンのタイトル争いを演じるために、有効な補強候補だとしています。

残されたシーズンにおいて、ロリス・カリウスが、どれだけの進化、成長を見せてくれるかという部分にも注目したいと思いますが、もしゴールキーパーに補強を施すならば、実績十分なタレントを連れて来てほしいですね。

プレミアリーグでの経験が豊富であるということは、たしかにポジティブな予想だと思います。

リバプールが、どう判断するか。
移籍金の額も含めて、総合的にファーストチョイスをどうするのか?が、注目されます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]