アダム・ララーナは当初の予想ほどは重い怪我ではない(ユルゲン・クロップ監督)

Adam Lallana


もうすぐ、明日のマンチェスター・シティ戦を控えたユルゲン・クロップ監督の記者会見がはじまりますが、その前にLiverpoolfc.comへ、アダム・ララーナに関する情報が出てきています。
ユルゲン・クロップ監督によれば、当初考えていたほどには重傷ではないとのこと。
少し光明が見えたようです。

ユルゲン・クロップ監督は、「神に感謝する」と、まず語っています。

「僅かな希望だが、今シーズン中に戻れるかもしれない」と。

ただ、急がせることはしないとも語っており、はっきりと言えることは、「間違いなく、プレシーズンには間に合う」とのことでした。

アダム・ララーナにとっては、イングランド代表のこともあるし、懸命になってリハビリも行うことでしょう。

ただ、怪我の連鎖は避けたいし、しっかりとメディカル・チームとの連携を図って、治療を続けてほしいですね。

それにしても、今シーズンのアダム・ララーナは、ちょっと運がなかったように思います。

ユルゲン・クロップ監督は、何度となく、アダム・ララーナなしで戦うシーズンは難しいという趣旨の発言も繰り返しており、今回、想像よりも重い怪我ではなくて、心から安堵したようでした。

アダム・ララーナが、ピッチを疾走する姿を見たいものです。

とにかく、じっくりと治して、これから!にかけてほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]