モハメド・サラーが圧倒的な支持を得てチャンピオンズリーグのプレイヤー・オブ・ザ・ウィークに!


大活躍が止まらないモハメド・サラー。
またひとつ、栄誉を手にしました。
先日のこと、モハメド・サラーが、チャンピオンズリーグのプレイヤー・オブ・ザ・ウィークの候補にノミネートされたことをお伝えしましたが、見事受賞です!

まずもって、モハメド・サラーに、おめでとう!と、言いたいと思います。

今回のプレイヤー・オブ・ザ・ウィークですが、モハメド・サラーを含めて4人のプレイヤーがノミネートされていました。

■モハメド・サラー(リバプール)

■ジェラール・ピケ(バルセロナ)

■ハメス・ロドリゲス(バイエルン)

■クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

この4人の名前があがった中、何とモハメド・サラーは、全体の57パーセントに当たる支持を得たとのこと。
圧倒的ですね。

ちなみに、2位以下の得票は、次のとおりです。

2位:クリスティアーノ・ロナウド(35パーセント)
3位:ハメス・ロドリゲス(5パーセント)
4位:ジェラール・ピケ(4パーセント)

モハメド・サラーは、マンチェスター・シティ戦で、貴重な先制ゴールを決め、リバプールの3点目となったサディオ・マネのゴールをアシストしていました。

マンチェスター・シティとのセカンド・レグには、間に合いそうなので、またの活躍を期待したいですね。

心からおめでとう!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]