本日キックオフ! チェルシー対リバプール戦 リバプールは地力での3位確保が可能に


いよいよ本日は、ビッグマッチ、チェルシー対リバプールの直接対決ですね。
昨日の時点で、状況に変化があったといえば、トッテナムがウェストブロムに敗れたこと。
これにより、リバプールはライバル達の結果如何にかかわらず、地力でプレミアリーグの3位を確保する可能性が生まれたところです。

まず、チェルシー対リバプール戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『チェルシー対リバプール戦(プレミアリーグ第37節)の試合日程や放送予定など』

リバプールは、ローマとのセカンド・レグから中3日で臨む試合となりますが、モチベーションは高いだろうし、今日は厳しくプレスに行ってほしいですね。

チェルシー目線でいえば、ドローという結果は負けに等しいと思っていることでしょう。
であれば、ある程度前に出て来ると考えたほうがよさそうです。

そこをリバプールは突きたいですね。

今日のチェルシー戦での注目プレイヤーを私なりに一人あげるとすれば、ロベルト・フィルミーノ!と、しておきたいと思います。

ボビーは、試合の流れによっては、中盤の助けにもなってくれるし、カウンターの起点になることが、実に上手い。
ボビーのスキルで、モハメド・サラーやサディオ・マネを活かすことが出来れば、リバプールが望む試合展開へと持ち込めると思います。

チャンピオンズリーグの準決勝があったため、このところリバプールは、一週間に2試合ペースでのスケジュールでした。
しかし、チェルシー戦から最終戦までには、一週間があくし、思いっきり行けることでしょう。

トップ6と呼ばれるビッグクラブ同士での対戦では、非常に強さを見せてきたリバプールだけに、今日の試合でも期待をしたいと思います。

私としては、ポゼッションに関しては、ある程度チェルシーに譲ってもいいので、決定機を多くつくれるような試合に持ち込みたい。
そう思っているし、期待もしています。

あとは、ディフェンス・ラインでミスが出ないように、とにかく集中ですね。

プレミアリーグも残すところあと2試合。
今シーズンの集大成を見せてほしいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]