アレックス・オックスレイド=チェンバレンの手術が無事に成功

Alex Oxlade-Chamberlain


チャンピオンズリーグ準決勝のローマ戦、そのファースト・レグにおいて、タックルへ行き、相手の攻撃を封じようとした際に、アレックス・オックスレイド=チェンバレンは膝に大きなダメージを負ってしまいました。
今シーズン中の復帰は無理であるということは分かっており、ワールドカップ出場も出来ないとされています。
そんな中、アレックス・オックスレイド=チェンバレンは、手術が無事に済んだことを報告しています。

「手術は成功した。ハードワークは、既に始まっている」と。

新シーズンへ向けて、チェンバレンは、怪我を克服するための戦いに挑む決意を表明しています。

本当に、がんばってほしいし、心から応援したいですね。

Watching the boys in Rome last week taking us one step closer to something very special. Knee surgery was a success and the hard work has already begun 💪🏽

Alex Oxlade-Chamberlainさん(@alexoxchamberlain)がシェアした投稿 –

さて、チェンバレンですが、チャンピオンズリーグ準々決勝ファースト・レグのマンチェスター・シティ戦で決めたゴールが、リバプールのゴール・オブ・ザ・シーズンに輝いています。
相手ゴールを突き刺す圧巻のミドルでしたね。

これを受けて、手術後のチェンバレンが、コメントを寄せたそうです。
LFCもオフィシャルで紹介をしています。

「今夜、その場にいることが出来ず、ごめんなさい」

「ゴール・オブ・ザ・シーズンで、ぼくに投票してくれた人達に、心からありがとうと言いたいよ」

アーセナルからリバプールへやって来た当初は、チェンバレンの獲得を疑問視するジャーナリストなどがいたことも事実だと思います。
しかし、そういった負の予見を、すべて払拭するだけのパフォーマンスを見せていたと思います。

新シーズン、アレックス・オックスレイド=チェンバレンにとって、最高の年となりますように。
一日も早い回復と復帰を心待ちにしております。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]