ブライトン戦に備えたメルウッドでのトレーニング風景(金曜日)


明日、日曜日には、プレミアリーグ最終戦のブライトン戦を控えているリバプール。
金曜日にもメルウッドでトレーニングが行われ、その模様の一部が公開されております。

ブライトン戦は、プレミアリーグのトップ4フィニッシュをかけた試合であり、リバプールのプレイヤー達も気持ちを込めて戦うことでしょう。
今回は、そのトレーニングの様子を見ていきたいと思います。

1月からリバプールの仲間に加わったファン・ダイク。
ディフェンスのリーダーだと言っていいと思うし、前線へのフィードなど、攻撃面でもチームに大きく貢献していると思います。

サディオ・マネは、終盤において、コンディションを上げて来ているように、私には思えます。
最終戦での活躍が楽しみです。
サディオ・マネが躍動するようであれば、それ即ちリバプールのペースになったと言えることでしょう。

ジョーダン・ヘンダーソンとジョルジニオ・ワイナルドゥム。
これ以上、中盤の負傷者を出すわけにはいかないし、この二人は間違いなくスタメンで出て来るものと思われます。

意思疎通を図るセンターバックのコンビ。
最終戦だし、出来ればクリーンシートで行きたいですね。

リバプールの未来を担う若者達。
トレーニングでもしっかりとアピールをして、チャンスをつかんでほしいですね。

リバプールが誇るフロント・スリー。
いまや、ヨーロッパ随一とも言われるこの3人ですが、余程のことがない限り、ブライトン戦では揃ってスタートから出てくるだろうと思います。

アンドリュー・ロバートソンに左サイドバックのポジションを譲った感のあるアルベルト・モレノですが、チームの総合力を高めるためには、モレノの奮起も欠かせませんね。

リバプールのメインマン!と言ってもいいロベルト・フィルミーノ。
その貢献度は、言葉では表せないほど。
最終戦でも、ボビーらしさを存分に発揮してほしいですね。

キャプテンとして、チームを牽引するジョーダン・ヘンダーソン。
ブライトン戦、レアル・マドリード戦と、いつも以上にリーダーシップが求められるだろうし、チームを引っ張って行ってほしいですね。

負傷者が相次ぐ中、ベン・ウッドバーンもトップチームでのチャンスがほしいところ。
ブライトン戦では、試合展開如何によっては、ピッチに入る可能性もあろうかと思います。
これ以上、負傷者を出したくないリバプールだけに、ベン・ウッドバーンを投入できるような試合に持ち込めれば理想的ですね。

ブライトン戦ではメンバー入りが期待されるアダム・ララーナ。
リバプールに残された2試合は、いずれも重要なものであり、アダム・ララーナの復活は大きな意味を持っていると思います。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムにかかる期待も大きなものがあります。
出来れば、フロント・スリーと絡むような攻撃参加の部分での活躍をしたいところです。
期待しています。

ジョー・ゴメスのシーズン・アウトが確定した今、トレント・アレクサンダー=アーノルドのがんばりに期待することになりますね。
イングランド代表入りもあるのではないかとされているだけに、最終戦では、ぜひとも良いパフォーマンスを見せてほしいと思います。

アダム・ララーナ。
シーズン中に戻れるということは、ワールドカップのイングランド代表入りも可能になるということを意味していると思います。
よく間に合わせてきましたね。

これ以上の負傷者を出したくないリバプール。
ブライトン戦では、試合展開によっては、途中からダニー・イングスを投入する可能性も十分にあると思います。
重なる大きな怪我から復活を遂げた男の強さを見せつけてほしいですね。

笑顔のファン・ダイクとデヤン・ロブレン。
コミュニケーションもよく取れているようです。

今シーズンは、この試合がアンフィールドでのラストマッチとなります。
ぜひ、良い結果を出して、ファンと歓びを分かち合いたいものです。

私としては、リバプールらしいプレイを期待しています。
がんばってほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]