リバプールがヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)獲得レースをリードしているとの報道も

Jan Oblak


この夏には、新たなゴールキーパーの獲得へと動くだろうと見られているリバプールですが、その候補としては、数人の名前が報じられている状態かと思います。
中でも、ローマ所属のアリソン(ブラジル)とアトレティコ・マドリード所属、ヤン・オブラク(スロベニア)の二人が話題にあがるケースが多い印象を受けます。

今回は、ヤン・オブラクの方について、ちょっとだけ触れてみたいと思いますが、Mirrorが報じるところによれば、その獲得レースで、リバプールがポール・ポジションにいるとのこと。
一方、同誌は、リバプールのターゲットとしてアリソンの名前も併せて出しています。

Mirrorは、reports El Gol Digitalの報道を取り上げており、それによれば、アトレティコ・マドリードは、ヤン・オブラクの後任ゴールキーパーの獲得に動いているとか。

具体的な名前もあがっており、アトレティコ・マドリードがターゲットにしているのは、アスレティック・ビルバオのケパ・アリサバラガだとしています。

ヤン・オブラクに関しては、その移籍金がかなり高くなるとは、常々言われているところですが、£87.5mのリリース条項があるとも報じられています。

リリース条項の金額をフルに出すのか?
それは、私には、ちょっと分かりませんが、ヤン・オブラクにしても、アリソンにしても、もしリバプールが補強を実現させるならば、ゴールキーパーの移籍金としては、ワールド・レコードを更新する可能性が、非常に高いかと思われます。

果たして、ゴールキーパーにおけるリバプールの本命は誰なのか?

現時点では、報道が多々出回っており、決まるまでは、この手のニュースが増えそうですね。

新しいシーズンにおけるプレミアリーグ制覇を目標にするであろうリバプール。
ゴールキーパーにビッグ・ネームを呼ぶことになるのでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]