ローマはアリソンへのオファーを聞く用意があるとの報道も

Alisson


この夏における移籍市場において、リバプールが新しいゴールキーパー獲得へと動くのか。
注目が集まる中、いまだ混沌としている感もありますね。
ところで、リバプールの有力なターゲットの一人だとされてきたローマ所属のアリソン(ブラジル)ですが、ローマ側が、今夏にオファーがあれば、聞く用意があると表明したそうです。

Dailymailが報じるところによれば、ローマのSDが、その趣旨の発言をしたとのこと。
ただ、同氏は、現時点ではオファーは届いていないとも付け加えたそうです。

アリソンに関しては、リバプールの他に、チェルシー、レアル・マドリードが関心を持っているとは、よく報じられますね。
報道にある程度の精度があるならば、三つ巴の争奪戦ということでしょうか。

アリソンといえば、ワールドカップではブラジル代表のゴールマウスを守りましたが、既に敗退が決まっています。
移籍の動きがあるとすれば、これからが本格化する時期でしょうか。

リバプールにとって、アリソン獲得へ動くとした場合、その移籍金が高額にのぼる部分がネックになる可能性もありますが、交渉力を発揮するのか。
それとも、高い移籍金を払ってでも、ゴールキーパーを重視するのだ!という姿勢を見せるのか・・・。

ブラジルのワールドカップ敗退を受けて、アリソンに関わる報道は、今後増えてくる可能性は高そうですね。
しばし、様子を見てみたいと思います。

あとは、ユルゲン・クロップ監督が、ゴールキーパーをどう考えているのか。
その意向に沿った動きをクラブが出来るのか。
見極めたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]