激化が予想されるリバプールの中盤におけるポジション争い


2018-2019シーズンの開幕に備え、プレシーズンマッチを行って来ているリバプールですが、今年はワールドカップが開催された関係で、チームに合流する時期が、プレイヤーによって、かなりの違いがありますね。
リバプールにとって、ポジティブなことは、新戦力のナビ・ケイタとファビーニョが、初日のトレーニングからチームに参加できていることだと、私は思います。
さて、今シーズンのリバプールですが、中盤では、激しいポジション争いが繰り広げられそうですね。

あくまで個人的に思うところですが、ターンオーバーで、いろいろなプレイヤーを起用する機会はあると思うのですが、プレミアリーグにおいて、まずファーストチョイスとして起用されそうなのは、ナビ・ケイタとファビーニョではないかと。

勿論全試合で出場させることには無理があるし、お休みを与える必要もあるし、途中交代を施す試合もあることでしょう。
ただ、ことスタメンという面でいえば、やはりナビ・ケイタとファビーニョは、一歩先を行っている感があります。

仮に、リバプールが4-3-3のシステムを採用した場合には、中盤のスタメンで残るポジションはひとつ。
この場所を目指して、多くのタレント達が、しのぎを削ることになりますね。

ジョーダン・ヘンダーソン、ジェイムズ・ミルナー、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、アダム・ララーナをはじめ、若手なども加えれば、かなりの競争激化が予想されます。
これで、アレックス・オックスレイド=チェンバレンが加わってきたら、かなりの戦力になると思います。

こと、プレミアリーグの開幕戦でいえば、私としては、以前からジェイムズ・ミルナーがスタメンではないかと考えています。
というのも、ジョーダン・ヘンダーソンの場合には、イングランド代表としてワールドカップに参加しており、リバプールのチームに合流するのが、開幕の約1週間前となります。
となると、新戦力であるナビ・ケイタ、ファビーニョとの連携という意味でも、若干時間が足りないように思うのです。

その点、ジェイムズ・ミルナーは、トレーニング初日から一緒にやっていますからね。

一方、違う考え方をしてみると、ナビ・ケイタはディフェンスの意識も高く、ファビーニョと連携を取りながら、中盤を固める働きをした場合、アダム・ララーナを投入することも面白そうです。

ジニは、ちょっと負傷を抱え、スタートで出遅れましたが、シリアスな怪我ではないようだし、ここからフィット感を増していけるかにかかってきそうです。

また、シェルダン・シャキリの起用法にも注目をしたいところですね。

リバプールには、強力な不動のフロントスリーがいるだけに、どうしても4-3-3のシステムで戦う試合が多くなると思います。
時には、4-2-3-1を用いることがあるかもしれませんが。

昨シーズンの終盤には、ミッドフィールダーに負傷が相次ぎ、危機的な状況の中で、チャンピオンズリーグ決勝を戦ったリバプール。
着実にタイトルを狙いにいくためにも、十分な戦力を保持したいところです。

あとは、たとえばセカンド・トップのポジションに、今後補強を施すのか?
それによって、また試合に臨む基本スタンスにも変化が出てきそうです。

新シーズンのリバプール。
実に面白いチームが出来そうですね。
楽しみであります。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]