ナビ・ケイタの回復に擁する時間は2,3日か

Naby Keita


先日のマンチェスター・シティ戦では欠場となったナビ・ケイタですが、首を痛めたものとされています。
その後、LFCからアナウンスがあり、回復に擁する時間は、2日あるいは3日ほどだと見られているようです。
怪我というよりも、いわゆる寝くじったという状況かと思われます。

公式では、そこまで詳しく伝えられていませんが、エコーなどによれば、飛行機の中で眠ってしまい、起きたときに首がおかしかった・・・ということのようです。

眠る姿勢が悪かったということが、考えられそうですね。

簡単に言ってしまえば、深刻な怪我ではなく、ある程度時間が経てば元気になるでしょう。
おそらく、心配はいらないと思います。

LFCも若干触れていますが、日曜日に予定されているマンチェスター・ユナイテッド戦を欠場すると決まったわけではないようです。

ナビ・ケイタは、プレシーズンの初日からチームに参加しており、ここまでずっとプレシーズンマッチにも出場していますから、何も今の時期に無理をさせる必要はありませんね。

アメリカでのツアーが終わった後にも、イタリア勢との試合がふたつ残っているし、そこで最終確認をすればいいと思います。
もちろん、ユナイテッド戦に出て来られれば、楽しみが増えますが。

私も子どもの頃に寝くじった経験がありますが、あれは結構痛いですよね。

アメリカで開催されているインターナショナル・チャンピオンズカップも、残すところ、あと1試合となりました。
8月に入ると、より開幕戦を意識したプランで、リバプールは試合に臨むことと思います。

プレミアリーグの開幕戦で当たるウェストハムは、積極的な補強を行っており、チーム強化を図ってきています。
リバプールとしては、勿論油断などしないでしょうが、より万全な状態で、開幕を迎えたいところです。

ナビ・ケイタは、間違いなく、中盤におけるチョイスでも優先順位は、最も高いほうだろうし、ここはしっかりと治して、また元気な姿を見せてほしいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]