リバプールがニコロ・バレッラ(カリアリ)を補強ターゲットにしているとの報道も


現在、移籍市場が動いている真っ最中ですが、今年はプレミアリーグ開幕前に補強はストップされるため、例年とは感覚が異なりますね。
さて、リバプールの中盤に、更なる補強があるのか?という部分は、私も興味がありますが、ここへきてカリアリ所属のニコロ・バレッラ(イタリア)の名前が浮上しているようです。

ニコロ・バレッラに関しては、以前もリバプールの補強候補として名前があがったことがありますが、この時期ですので、また意味するところは異なるかと思います。

この件を報じているのはMirrorで、ユルゲン・クロップ監督の念頭にあるプレイヤーだとされています。

ニコロ・バレッラは、1997年2月7日生まれの21歳。
若くして、既にイタリア代表経験も持っています。

ポジション的には、中盤であればどこでもこなせるタイプかと思います。
セントラルミッドフィールダーとして、時には司令塔の役割も担えれば、インサイド・ハーフも出来る。

ここまで積極的な補強を敢行してきたリバプールが、中盤の仕上げにニコロ・バレッラを狙っているとすれば、結構渋い選択ですね。

まだ若いし、将来性も含めた評価かと思いますが、まだまだ報道が出ている段階ですので、今後どうなるか?を見守りたいと思います。

なお、移籍金についてですが、Mirrorは、£25mという数字を出してきています。

大金を駆使して、ビッグネームを連れてくるのか。
それとも、名より実を取るチョイスをするのか。

これからのリバプールの動きに注目ですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]