ウェストハム戦に備えたメルウッドでのトレーニング風景


トリノとの試合をもって、プレシーズンマッチの全日程を終えたリバプールですが、現地時間水曜日にもメルウッドでトレーニングが行われたそうです。
その様子を見るに、どのプレイヤーも良い表情をしていることがうかがえます。
プレシーズンマッチを良い形で締めくくりましたので、ウェストハム戦にもポジティブな状態で臨めることでしょう。

ウェストハム戦に備えたトレーニングの模様、その一部がLFCによって公開されておりますので、今回は、その様子を見ていきたいと思います。
見たところ、気温が低かったようですね。

ただ、どのプレイヤーも実に明るい表情であり、チーム状態の良さを感じ取ることができます。

おだやかな表情のモハメド・サラー。
開幕戦から、いきなり決定力を見せつけるか!というところには、自ずと注目が集まりそうです。

トリノ戦で接触プレイがあり、頭部を縫ったジェイムズ・ミルナーですが、こちらも笑顔でトレーニングに参加しています。
まさに鉄人ですね。

ロベルト・フィルミーノとアルベルト・モレノ。
アルベルト・モレノは、いつもながら人懐こいですね~。

新戦力として、ストークからやって来たシェルダン・シャキリ。
プレシーズンマッチでは、非常にコンディションが良く、存分にアピールをしている姿が印象的でした。

今後の去就が注目されている一人、マルコ・グルイッチ。
本人は、おそらくリバプールに残りたいのだと思います。
トレーニングも、重要なアピールの場ですね。

プレシーズンマッチでは、自身のゴールには恵まれませんでしたが、若手ストライカーとして期待のかかるドミニク・ソランケ。
トレーニングでも引き締まった表情をしていますね。

新しいリバプールの守護神、アリソン。
アリソンを獲得したことで、リバプールへの評価は相当高まったようです。
いよいよプレミアリーグデビューの時がやってきますね。

ヘンドにとっても、自分の力、その存在感をアピールする必要が生じて来ていると思います。
一方、キャプテンとして、チームをまとめていく仕事もあり、タフな役割でしょうが、がんばってほしいですね。

一時期は、ふくらはぎに問題を抱え、プレシーズンマッチ出場を見送ったアダム・ララーナですが、開幕戦に間に合って、本当によかったですね。
仮にベンチスタートだとしても、アダム・ララーナを起用できるということは、リバプールにとって、大きなピースになることでしょう。

英国系のプレイヤー達。
やはり、ジェイムズ・ミルナーは元気ですね。
頭がさがります。

プレシーズンマッチの段階から、リバプールのスタイルにフィットして見せたナビ・ケイタ。
いよいよプレミアリーグの舞台で、そのベールを脱ぐときが近づいてきました。
期待大!ですね。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムは、コンディション的に非常に良い状態にあると思います。
トリノ戦でのパフォーマンスは見事でした。
この好調さをキープして、プレミアリーグでも活躍してほしいですね。

サディオ・マネは、表情を変えないイメージがありますが、実はお茶目なようです。
今シーズンから10番を背負うことになり、また新しい一歩を踏み出してほしいところです。

シェルダン・シャキリの切れ味は、実に鋭いですね。
今の状態を維持していければ、リバプールにとって、かなりの戦力となりそうです。

リバプールの中心プレイヤーになるであろうファン・ダイク。
何やら、アルベルト・モレノは、ファン・ダイクのポーズを真似しているのでしょうか(笑)

こちらは、真剣な表情で、ユルゲン・クロップ監督の話を聞くトレント・アレクサンダー=アーノルド。
開幕戦での右サイドバックはトレントか、ナサニエル・クラインか。
あくまでトリノ戦でのパフォーマンスを見る限りでは、トレントは十分に行ける!と、私は感じました。

今シーズンのリバプールは、開幕戦をホーム、アンフィールドで迎えることができます。
最高の雰囲気に包まれることでしょう。

今からキックオフの瞬間が楽しみです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]