リバプール対ウェストハム(FAカップ)の結果と感想

thumb_15571_default_news_size_5
先ほど、FAカップ4回戦、対ウェストハム戦が終了しました。

結果は、0-0、スコアレスドロー。

再試合になったのは痛いですが、ヤング・レッズは、ユルゲン・クロップが目指しているフットボールを具現化しよう!と、よくがんばったと思います。

相手ボールになった際には、次々と取り囲み、プレスにいく姿が、それをよく顕していたのではないでしょうか。

前述したように、再試合になったのは確かに痛い。
しかし、考えようによっては、若手達にとって、貴重な経験の場にもなったと思うのです。

このメンバーで、ウェストハム相手に対等以上に戦えたのですから、リマッチも若手中心でいく!という考えが取れるかもしれません。

ちょっと目についたところでは、キャメロン・ブラナガンのコーナーキックなど、セットプレイで蹴るボールは、いいキックをしていたと思います。
可能性を感じました。

ブラナガンのキックなら、ファーストチームでも、コーナーを任せていいようにさえ思った次第。

放ったシュート数だけをみれば・・・
リバプール18本、ウェストハム7本。
オンターゲットは、リバプール6本、ウェストハム1本。

内容的には、勝っていておかしくなかったとも思います。

リマッチあるいはその前後の日程にもよりますが、もう一度ウェストハムとやるときには、若手を中心にしつつ、要所にシニアプレイヤーを入れればいいかな・・・と。

実戦を実りあるトレーニングにするくらいに、存分に楽しんでプレイしてもらいたいと願います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]