マリオ・ゲッツェがユルゲン・クロップと連絡を取っていることを明かす 「移籍の話はしていないよ」とも

1613410195-juergen-klopp-mario-goetze-5tI8hnmDcef (1)
リバプールの補強候補の一人として、頻繁にメディアに取り上げられているバイエルン所属のMF、マリオ・ゲッツェですが、最近になってユルゲン・クロップと連絡を取り合っていることを明かしたそうです。

マリオ・ゲッツェが言うには、どうもメールでやり取りをしているようです。

多分、今度の記者会見では、クロップもそのことについて質問を受けるかもしれませんね。

ただ、当然といえば当然ですが、マリオ・ゲッツェは、移籍に関する話か?と訊かれた際には、「そうじゃない」とこたえ、「彼はぼくの元監督だからね」とし、「特別な話はしていないよ」と、ごく普通の会話だとしています。

何かあったとしても、現時点では、そうこたえますよね。

ひとつ言えることは、ユルゲン・クロップとマリオ・ゲッツェは、いまだに個々、直接に連絡を取り合える良好な関係にあるということでしょう。

今シーズンのマリオ・ゲッツェは、負傷に悩まされてきたこともあり、バイエルンでの出場機会はごく少ないものになっています。

しかし、3月12日に開催されたブンデスリーガ、対ブレーメン戦では、先発出場を果たしており、マリオ・ゲッツェ自身も、とても喜んでいるようでした。

これからコンディションをあげて、夏に向けてベストフィットすれば・・・ああ、お値段が高くなりますか(__;)

いずれにしても、マリオ・ゲッツェは、今でもユルゲン・クロップを頼りにしている。
それだけは、事実かと思います。

もし、本当にリバプールがマリオ・ゲッツェ獲得を狙っているのならば、これは実に大きなアドバンテージにも思えます。

その答えは、夏まで待つことになりそうですが。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]