Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ダニエル・スタリッジが1月にもリバプールを出る準備が出来ているとの報道も・・・

投稿日:

daniel-sturridge-danny-rose-england-euro-2016_3485191-1
本来ならば、ダニエル・スタリッジほどのストライカーがベンチを温めているということはないはずなのですが・・・。
ひとつの見方としては、スタリッジをベンチに置くほどに、現在の3トップが素晴らしいということも事実かと思います。
また、別の観点でいえば、スタリッジの個人的能力は疑いようがないものの、今シーズンにおけるリバプールのスタイルに、まだ完全にはフィット出来ていないという面があるかもしれません。
現状を鑑みたとき、メディアがスタリッジ移籍!という記事を書く環境はあるということでしょう。

イングランド代表では、しっかりと結果も出しているスタリッジ。
ただ、肝心のプレミアリーグでは出番が少ない・・・。
ある意味、この状況をスタリッジが、いかに受け入れ、自ら打開すべくプレイスタイルを工夫できるか?が、鍵になろうかとも思います。

そんな中、Mirrorは、スタリッジが1月にもリバプールを出る準備が出来ているという趣旨の報道をしています。
スタリッジ獲得に関心を示しているのは、ウェストハムとストークだとされており、これは以前も名前のあがっていたクラブです。

同誌によれば、スタリッジを1月に放出する場合には、リバプールは£28mほどを求めるだろうとしています。

まず、本当にスタリッジを出すか?が、当然の如く大前提ですが、仮に放出する場合に、この金額を妥当と見るか?安い!と考えるかは、難しいところかと思います。
やはり、スタリッジの場合には、負傷歴が長いこともあり、あまりの大金は提示できないかもしれません。

仮定の話ですが、もしリバプールがスタリッジを出した場合、ダニー・イングスが今シーズンは絶望ゆえに、ストライカーはロベルト・フィルミーノとディボク・オリギということになります。
私なりに考えれば、スタリッジを放出するならば、1月にアタッカーを新たに獲るのではないかと。

最近におけるリバプールの補強関連の噂といえば、ウィンガーの名前が上がることが多いと思うのですが、中央でもプレイできるタレントがいるならば、もしかしたら当たりをつけているかもしれない。
そんな気もいたします。

ただ、イングランドの場合、12月は試合数も多いし、ちょっと様子を見る必要はありそうです。
スタリッジも、今は少しだけ我慢をするときかもしれませんね。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.