Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

スウォンジーとヴォルフスブルクがラザル・マルコヴィッチを欲しがっているとの報道も

投稿日:

Lazar Markovic


2014年の夏に、ベンフィカからリバプールへとやって来たラザル・マルコヴィッチですが、思うような出場機会を得られておらず、1月での移籍も囁かれていたところです。
ロシアのクラブもラザル・マルコヴィッチに関心を示しているという報道がありましたが、ここへ来てエコーが報じるところによれば、スウォンジーとヴォルフスブルクから話が来ているとのこと。

惜しい才能だと思うし、秘めたるポテンシャルは高いと、私は感じているのですが、いかんせん、これだけ出場のチャンスがないと、本人のためにも、何らかの方策を立ててあげる必要はあるかと思います。

スウォンジーであれば、プレミアリーグ内での移籍。
一方、ヴォルフスブルクには、ディボック・オリギがいますね。

あくまでエコーの見解ですが、リバプールは完全移籍での放出を希望しているものの、ローンであっても検討をする意思はあるとのこと。

ポジション的に、ラザル・マルコヴィッチが、リバプールのレギュラーになるのは、至難の業かと思います。
スーパーサブ的にでも使ってもらえればよいのでしょうが、今のところ、そういった気配も見られません。

何かきっかけをつかんで、ブレイクできればいいのですが。

1月の移籍マーケットもデッドラインデーが目の前に迫ってきました。

ラザル・マルコヴィッチがどうなるのか?
移籍最終日まで、話し合いが続く可能性もありそうです。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.