Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

国内カップ戦

コロ・トゥーレ 「ファンのためにトロフィーを持ち帰りたかった」

投稿日:

8708__3716__toure1000_548c8aeee26d0854712598_517X310
応援しているクラブの敗戦を見るのは、いつでも辛いことですよね。
リバプールファンにとって、特に今回のFAカップ敗退は、忘れてしまいたい・・・という気持ちになるほど重たいものでした。

また、ファンだけではなく、出場機会がなくベンチで敗戦を見ていた控えプレイヤー、ベンチに入れなかったプレイヤー達にとっても非常に辛い瞬間だったことでしょう。

さすがはベテランと申しますか、コロ・トゥーレが、ファンの気持ちを思いつつ、またキャプテンの心情にも心を配った発言をしています。

(KT)
いいものじゃないね。
準決勝で敗れるなんて特にね。

総合的に見て、私達のチームは上手くやれなかったと思う。
ヴィラは、ファイトしていたね。
勝利するために、すべてをかけていたよ。

もちろん私達は、スティービーの最後の試合を素晴らしいものにしようと望んでいた。
そして、ファンのためにね。
このクラブは、トロフィーを獲得するに値するんだ。

スティービーは、よくやったよ。
もちろん、彼は悲しんでいる。
ドレッシングルームでもね。

でも彼は、この試合で長い時間をプレイすることが出来た。
それに彼は、こういった時にどう対処すればいいかを分かっているよ。

kolo-toure-liverpool
コロ・トゥーレ自身も、ウェンブリーのピッチで思い切りプレイしたかったことと思います。

そして、ぶつけようのないファンの失望への思い。
言いたくても話せないジェラードへの配慮。

コロが代表して、それを言葉にしてくれたような思いを抱きながら、彼のコメントを見ていました。

フットボールの世界は無常と申しますか、どんな結末が待っているか?は、分からない。
考えてみれば、歓喜の数より失意のほうが数倍多いのだということでしょうか。

でも、コロの言葉の奥に流れている心に目をあててみると、ちょっと救われた感を私はもちました。
時代は変わり、歴史は流れ、ひとつのものが終わり、あるものが花開く。
それらを受け入れながら、リバプールというクラブは、長い長い歳月に渡り、愛されてきたクラブなんだ。

なぜか、そんなことを考えながら、この文章を書いています。

-国内カップ戦
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.