プレイヤー

自分が得た賞はリバプールのトロフィーへ交換したい(アンドリュー・ロバートソン)

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


どの試合であってもハードワークをし、それでいて安定したパフォーマンスを続けているアンドリュー・ロバートソン。
メンタルもしっかりとしており、怪我をしないところもリバプールにとって大きいですね。
その活躍はしっかりと評価をされ、今シーズンのPFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出されました。

このPFAチーム・オブ・ザ・イヤーには、リバプールから4人のプレイヤーが選出されています。
ファン・ダイク、アンドリュー・ロバートソン、トレント・アレクサンダー=アーノルド、サディオ・マネ。

私が嬉しいのは、リバプールの両サイドバックが揃って授賞をしたことです。

今回は、ロボの話題を取り上げたいのですが、PFAによる賞を受けたことは嬉しいし、名誉だとしながらも、自分の賞はリバプールのタイトルへ交換したいという趣旨の発言をしています。
それが自分という人間だと。

ロボは、仲間(プレイヤー達)から投票をしてもらったことを尊いものだと率直に語っており、しかしながら、その栄誉はリバプールの栄光へと置き換えたいと語っているものです。
個人の名誉よりもチームの成功を望むというアンドリュー・ロバートソン。
その言葉は、エコーによって伝えられており、その中でロボはこんなことも言っています。

ぼくは、それを嬉しく思っているし、他の3人にとっても素晴らしい成果だよ。
でもぼくは、ぼく達が求め、戦っているトロフィーと交換するつもりだよ。
ぼくは、そういうタイプの人間なんだ。

ファン・ダイクをして、将来のリバプール、そのキャプテン候補と言わしめたアンドリュー・ロバートソン。
人格的にも素晴らしいものを持っていそうです。
繰り返されるアップダウン。
精度の高いクロス。
決して乱すことのないメンタル。
ロボは、まだまだ成長するだろうし、リバプールが誇る顔になれるプレイヤーだと、私は思います。
ロボの気持ちが現実のものになりますように。
『PFAチーム・オブ・ザ・イヤーにリバプールから4人が選出される』

-プレイヤー
-