Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ユルゲン・クロップ監督がアダマ・トラオレと電話で話したとの報道も

投稿日:


夏が近づくにつれ、移籍関連の噂も多岐にわたって来ていますね。
リバプールはといえば、最も高い頻度で名前が出て来るのはティモ・ヴェルナー(ドイツ)であり、先日はユルゲン・クロップ監督とビデオ通話で話をしたという報道がありました。
ところで、リバプールの補強候補として時折名前が出てくるプレイヤーにウルブスのアダマ・トラオレ(スペイン)がいます。
どうも、このトラオレともユルゲン・クロップ監督が電話で話をしたという噂があるようです。

まず、ティモ・ヴェルナーとユルゲン・クロップ監督がビデオ通話で話をしたということについては、以前この場でも取り上げましたので、もしよかったら、下記のリンクからご覧ください。

さて、トラオレに関するニュースですが、これはBirmingham Liveが報じているもので、ユルゲン・クロップ監督がトラオレと電話で対談をしたとされています。
このことはエコーも取り上げており、ロックダウンしている中、ユルゲン・クロップは電話で忙しいと・・・。
これは、ちょっとしたユーモアだとは思いますが。

Birmingham Liveは、このことはリバプールがトラオレと事前交渉を行っていることを意味するものだとの見解を示しています。

トラオレといえば、これまでも取り上げて来たし、多くの皆様がご存知だと思いますので、プレイスタイルなどについては細かく触れませんが、とにかく相手にすると怖いプレイヤーですね。
特に、セカンドハーフの途中から投入されると、非常に嫌な相手であります。

リバプールですが、アフリカネーションズカップが開催されると、サディオ・マネとモハメド・サラーを揃って代表に持って行かれるとされており、攻撃的なタレントを欲しがっているのは、ほぼ間違いないと思います。
その候補としてトラオレの名前もあるのか?

余談ですが、ウルブスにはラウル・ヒメネスも在籍をしており、彼は「次のキャリアは、ユルゲン・クロップ監督のもとで過ごしたい」と発言をしていました。
もうすぐ6月にもなり、移籍市場の窓が開くときが近づいて来ています。
直近2回の移籍市場では、大きな動きを見せなかったリバプール。
果たして、今年の夏は、どんな動きをするのでしょうか。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.