ダニー・イングス ゴール集 ようこそリバプールへ!

Danny Ings

晴れて、リバプール入りで合意に達したダニー・イングスですが、ファンの期待も大きいことと思います。

ただ、ビッグクラブへ来ても、彼の持ち味、その良さは、変わらず発揮してほしいと願っています。

ストライカーとしてのゴールへの嗅覚を感じさせるし、私が、彼に対して持っている印象は、ハートが強そうなプレイヤーだな!ということです。

新シーズン開幕時には、ダニエル・スタリッジの不在が、ほぼ決まっているため、トップの位置で、誰と組むのか?
そのへんも楽しみにしていますが、出来ることならば、もう一人・・・ストライカーを獲得したいですね。
(中途半端な補強を除く・・・。)

また逆に、スタリッジが復帰してからのイングランド・ストラカー・コンビにも、注目してみたいところです。

イングスにとって、リバプールへ来るメリットとして、当然彼自身も目指しているであろうイングランドA代表に呼ばれる可能性が高くなるのではないか?という部分があると思っています。

何せ、リバプールには、イングランドのプレイヤーが大勢揃っていますからね。
ホジソンが、連携を考慮した場合、他のクラブにいるよりも、アドバンテージになるのではないでしょうか。

さて、この記事の結びになりましたが、イングスのゴール・クリップ集があるようなので、ご参考までに貼っておきます。

ぜひ、自分の良さを存分に発揮し、リバプール攻撃陣に活力を与えてほしいと願っています。

コウチーニョのゴールシーン(代表戦動画)

CG7ZC8oUQAA_0q9

インターナショナル・マッチで、コウチーニョとマルコヴィッチが、それぞれ素敵なゴールを決めたことは、朝方お伝えいたしました。

「コウチーニョ、マルコヴィッチが代表戦でゴール!」

しかし・・・私目の文章では、今ひとつイメージもおつかみになれなかったと思いますので、コウチーニョのゴールシーンが出てくるダイジェスト動画をご紹介します。

ここでは、多くを語る必要はありませんね(^・^)

とっても凜々しく見えます。
グッジョブでした(o´∀`o)

コウチーニョのゴールシーン

リバプールがコバチッチ獲得のためボリーニを放出か メディアより

Mateo-Kovacic

コバチッチの母国クロアチアでは、既に個人条件面でリバプールと合意しているとも報じられているそうですが、インテルは、リバプールが再度入札した金額にも満足せず、更に上乗せしてきた・・・という報道は、先日、目にしたところです。

そこで浮上して来た説が、キャッシュ+ファビオ・ボリーニを付けるというもの・・・。

メディアで報じられているところによれば、リバプールはインテルに対し、1500万£の額を提示したとのことですが、インテルは、それでも、まだまだ!という姿勢のようです。

この「ボリーニを渡す」という報道は、どうもイタリアのガゼッタからのもののようです。

ただし、マンチーニは、ルーカス・レイバを希望する可能性もあるとのこと・・・。

この件については、いいようにインテルに翻弄されている感もありますが、それでもリバプールは、コバチッチを欲しているという理解でよいでしょうか。

ボリーニに関しては、昨シーズン前、サンダーランドから、かなりの高い評価額を得ていたので、値崩れ感も否めませんが、今シーズン起用された頻度等を鑑みれば、致し方ない気もいたします。

とはいえ、インテル、マンチーニが、ボリーニを望んでいれば・・・という前提になると思うし、何だか・・・「ルーカスをよこせ!」と、言ってくる予感がしてしまいます。

プロの世界とはいえ、ううん、辛いところですね。

ただ、ボリーニに関しては、出場機会が保証されない今、新天地を求めることが、彼自身の幸せなのかもしれません。

ちょっと、眼を閉じて、自分がマンチーニになったとして・・・・ううん、ルーカスよこせ!でしょうかね~。。。

この件については、何らかのニュースが出たら、改めて、お知らせしたいと思います。

FabioBoriniG

ダニー・イングスのリバプール入りが決定!(公式)

0748__2983__ings1000b_517X310

かねてから、リバプールのターゲットとされていた、バーンリーのダニー・イングスですが、先ほど公式に、リバプール入りで合意した!と、発表がなされました。

フィジカル・チェックを受け、ミルナーと同じく、7月1日をもって、晴れてリバプールのプレイヤーになるものと思われます。

年齢的にも若いし、将来のイングランドを背負って立つ可能性もあるストライカーですし、朗報と言っていいでしょう。

イングスに関しては、かなりトッテナムが、熱心にオファーを送っていたようなので、若干の心配もありましたが、リバプールに決めてくれましたね。

かなり、早い時期に、ジェイミー・キャラガーも「ダニー・イングスを獲得したほうがいい!」と、発言していたので、ご意見番もご満悦でありましょう。

あとは、手続きを踏んで、正式な入団発表になると思いますので、その際には、本人のコメントも出て来ることでしょう。

ぜひ、活躍してほしいプレイヤーですね。

これで、もう一人、経験値のあるストライカーを獲得し、ダニエル・スタリッジが根治して戻れば、ストライカー陣の層は、非常に厚くなると思われます。

まずは、ダニー!
ようこそ、リバプールへ!

俄に浮上するロブレン移籍の噂・・・

452802396

リバプールのセンターバックに関しては、コロ・トゥーレとは延長で合意したわけですが、マルティン・シュクルテルの今後については、余談を許さない状況だと言っていいでしょう。

そんな中、俄に現地では、デヤン・ロブレンも移籍するのではないか?という噂が浮上しているようです。

なぜ、そんな噂が出ているか?というと、サム・アラダイス退任が決定したウェスト・ハムの次期監督に、スラベン・ビリッチが就任すると見られていることが、大きな理由のようです。

ビリッチは、クロアチア人であり、代表の監督も務めたことがあり、ロブレンとは旧知の仲・・・。

リバプールで、決して満足のいく出場機会がなかったロブレンとしては、オファーがあれば、ウェスト・ハムへ行くのではないか?という文脈のようです。

ただし、リバプールとの契約は、勿論残っているので、クラブがどう考えるか?も重要ですね。

ひとつ私が、不思議に思っていることがあります。
確かにロブレンは、シーズンを通じて、目覚ましい活躍が出来たわけではありませんが、シーズン終盤では、ややフィット感を向上させていたように感じていました。

それが、ストークとの最終戦。
先発で起用されたのはサコーで、ロブレンには出番が回ってきませんでした。

評価として、サコーが上・・・ということがあったとしても、負傷離脱していて、実戦からずっと遠ざかっていた彼を最終戦の先発で起用することが、本当に正しかったのか?

ロブレン目線でいえば、「また、ベンチに逆戻りか・・・」と、失望したことでしょう。

しかも、それで結果がついてくれば良かったものの、結果的には6失点・・・。

ロブレンの移籍報道に関しては未知数だし、どうなるか?は、分かりませんが、仮定の話として、シュクルテル、ロブレンともに放出するならば、センターバックの補強が急務ではないでしょうか。

それとも、ダニエル・アッガーでも呼び戻しますか?

どうも、この夏のリバプール。
まだまだ、一波乱、二波乱ありそうな様相を呈してきたように思えます。

まずは、明るいニュースも期待したいですね。

ストライカーの補強に注目が集まるリバプールですが、展開次第では、センターバックも、俄に注目点になって来る可能性もありそうです。

本当??リバプールがバーゲン価格でイブラヒモビッチ獲得に動く?

Zlatan-Ibrahimovic

まずは、本当??と、言いたくなる記事ですが( ̄。 ̄;)

結構以前にも、リバプールの補強候補の一人として、イブラヒモビッチの名前は出ていましたが、私はスルーしていました。

ただ、このところ、記事が増えてきたので、一応、ご参考までにと・・・。

一部海外メディアによると、リバプールは、かなりのバーゲン価格で、イブラヒモビッチを獲得する可能性があるとのこと・・・。

ワールドクラスのストライカー獲得を目指す!という点では、これ以上ないほどのビッグネームですが、私・・・、イブラヒモビッチがリバプールで生活している絵を想像することが出来ません(;゜ロ゜)

しかも、移籍金が破格のバーゲン価格だとしても、サラリーが高いですよね。
それだけ、形状的にお金が出ていくわけで・・・。

どうしても、あのスーパースターが、リバプールで毎日を過ごす構図が浮かびませんし、来る予感もしませんが、万が一来たら、これはサプライズですね。

でも、「バーゲン」という言葉には、痛い思い出もあるので、もし、この動きが本当ならば・・・、リバプールとしては、よくよく調べてからにしてほしい。
心から、そう願います。

若いリバプールにとって、経験豊富なスターは有り難いですが、イブラヒモビッチともなると・・・、新キャプテンも大変でしょうね。。。

PSGは、カバーニの移籍話も、かなり以前から出ているし、この夏の移籍市場における、台風の目になる可能性も秘めているということは、言えるかもしれませんね。

あくまで、今回の記事は、ネタとして、お楽しみいただけたなら有り難く存じます<(_ _)>

リバプールの新ゴールキーパーが近々決定か メディアより

cardiff-city-v-bolton-wanderers-sky-bet-championship1

ゴールキーパーの補強が必須と言われつつ、なかなか本命の候補が絞り込めないリバプールですが、先日来、ボルトンのアダム・ボグダン(ハンガリー)の名前が、頻繁に出て来るようになりました。

ボルトンとボグダンの契約は、この夏で満了となり、いわゆるフリー・トランスファーでの獲得が可能となります。

ボグダン本人としては、トップチームでプレイしたい!という希望が強いようで、リバプールが本気で取りにいけば、補強が実現する可能性も高そうです。

また、ボグダンは、ボルトンからの延長オファーを断ったとされ、「あと一週間か二週間の間には、新しい場所が決まる」と、発言していることから、行き先がリバプールか?は、ともかく、新天地が決まるのは、時間の問題のようです。

仮にリバプールが、ボグダンを獲得した場合、ジョーンズの替わりという位置づけになるのか?
ミニョレとレギュラーを争わせる・・・という評価をしているのか?
そのへんは、もし決まった場合のクラブからのメッセージ等から判断するしかないと思っています。

今回は、ゴールキーパーの話題をお伝えしましたが、この夏の補強は、ブレンダン・ロジャーズではなく、クラブ主導というカラーが強く出てくるような気がしています。

また、補強とあわせて、放出されるプレイヤー達も当然いるわけで、今後のクラブの動きが注目されます。

新コーチ陣といい、この夏は、すべきことが多そうですね。