ジョゼ・モウリーニョ リバプール戦の日程は毒入りの贈り物

liverpool-v-manchester-united-europa-league
リバプールは、明日プレミアリーグ第7節でスウォンジーと対戦しますが、この試合が終わるとインターナショナルブレイクに入るため、プレミアリーグは若干のお休みに入ります。
各代表プレイヤーがチームへと戻り、第8節を戦うわけですが、リバプールはアンフィールドでマンチェスター・ユナイテッドと対戦することが決まっています。
ビッグマッチですね!
ところで、このリバプール対ユナイテッド戦の試合日程にジョゼ・モウリーニョが苦言を呈しているようです。

実は、リバプール対ユナイテッド戦は、マンデーナイトに組まれており、リバプールとしては勿論オッケー!なのですが、ユナイテッドは中2日での木曜日には、ヨーロッパリーグのフェネルバフチェとの試合を戦わなければなりません。
しかも、フェネルバフチェと木曜日に試合をした後は、中2日でアウェイでのチェルシー戦が待っています。

そのことに対するモウリーニョのコメントをエコーが記事にしていますので、ごく一部ですが、ご紹介してみたいと思います。

(JM)
土曜日ならリバプールと戦えるだろう。
日曜日でもリバプールと戦える。
そのリバプール戦が月曜日とはね。

我々にとっては、ベストコンディションとはいかないだろう。
特に、ヨーロッパの大会がないプレミアリーグのトップチーム2つと試合をしなければならないんだ。

月曜日の試合というのは、我々にとって毒入りの贈り物だよ。

jose-mourinho-speaks-during-a-press-conference-to-announce-his-arrival

何かと物言いをしても、モウリーニョのことですから、何らかの策を講じてくることでしょうが、公正な眼で見た場合、確かにハードスケジュールですね。
ただ、モウリーニョには、ヨーロッパリーグに専念してほしいとの言葉を贈りたいと思います。

リバプールとしては、アンフィールドでのユナイテッド戦だし、モチベーションも最高潮となって臨むことでしょう!
今、叩いておくチャンスですね!

LINEで送る
Pocket