デヤン・ロブレン 「シーズンにはアップ・ダウンもあるだろうがそこから学ぶ必要がある!」


サンダーランド戦は、ファンにとってもプレイヤーにとっても、やるせない結果だったことは間違いないと思います。
2度のリードを奪いながら、相手に2本のPK。
もちろん、リバプールに関係する人々のすべてが失望もしたことでしょう。
それでも、デヤン・ロブレンは、ここから学べるものが必ずあるはずだ!という趣旨の発言をしています。

アップ・ダウンもあることだろう。
しかし、必ずそこから学ぶことができると。

デヤン・ロブレンの言葉についてはエコーが報じていますので、ここではその一部について私なりにまとめてみたいと思います。

(Dejan Lovren)

マンチェスター・シティに勝った後だっただけに、敗北を感じたよ。
だけど私たちは、頭をあげて行かなければいけないんだ!
ポイントを取れないよりも、1ポイントのほうがいいからね。

まだ、シーズンは半分残っている。
私たちには、沢山の試合が待っているし、チェルシーともね。
とにかく、自分達のことに集中する必要があるんだ。

シーズンを通じてみれば、アップ・ダウンもあることだろう。
私たちは、サンダーランド戦でおかしたような過ちから学ぶ必要がある。

3ポイントを取って、ギャップを縮めたいよ。
私たちは前に進んでいく必要があるんだ。

私たちには、真のビッグマッチが多く控えている。
ビッグ・チームとやりたい!と、私は言いたいね。
そのための機会は沢山あるんだ。

サンダーランド戦では、最初から100パーセントでは行けなかった。
私たちは、マンチェスター・シティ戦で、すべてを出し尽くしたし、あの試合ではディフェンスも上手くできた。
だけど、サンダーランド戦での私たちは別物になってしまったね。

弁解はしたくない。
ただ、2ゴールを許してしまったのだから、私たちがハッピーであるはずがないよ。

前を向き、これから引き締めていこう!としつつも、悔しさもほとばしるデヤン・ロブレンの言葉かと思います。
余程、悔しかったのでしょう。

デヤン・ロブレンは、その役割から、2失点したことを随分と反省しているようです。

ただ、そんなデヤン・ロブレンですが、真のビッグ・チームと戦いたい!と、闘争心を燃やすことも忘れていませんでした。

サンダーランド戦で経験してしまった出来事を、ぜひプラスに転化して、より強いリバプールになってほしいですね。
そういう姿勢を見せてくれれば、ファンも必ずや拍手を送ってくれることでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]