ママドゥ・サコー自身の希望はプレミアリーグ内での移籍 メディアより


トップチームでの出場機会を失っているママドゥ・サコーですが、昨年夏にはローンでの移籍を断っており、土壇場でのリバプール残留が決まりましたね。
既に、サウサンプトンがママドゥ・サコーを狙っているという報道があることはお知らせしましたが、フランス国内のメディアでは、ママドゥ・サコーは1月にリバプールを離れたい意向だが、プレミアリーグのクラブへ行くことを望んでいるとしています。

ママドゥ・サコーの件を記事にしているのは、フランスのL’Equipeで、デヤン・ロブレン、ジョエル・マティプ、ラグナル・クラヴァンがいる中、若手のジョー・ゴメスも戻って来ており、このままリバプールにいても、出番はないであろうことから、1月中での移籍を望んでいるとしています。

ただ、移籍先に関しては、同じプレミアリーグを希望しているとのことで、ある意味本当にサウサンプトンが欲しがっているのなら、ママドゥ・サコーの希望にも合致するものとなります。

イングランドのクラブでいうと、サウサンプトンの他にもママドゥ・サコーに興味を持っているクラブは複数あるようですが、大原則はママドゥ・サコーのサラリーを払えること。
さらには、夏になった時点でのオプションの内容でしょうか。

少し前に、ちょっぴり触れましたとおり、ユルゲン・クロップ監督は、ジョー・ゴメスにも出場機会を与えていく方針でいるようです。
となると、ママドゥ・サコーが1月に移籍をする可能性は、かなり高まっていると考えた方が妥当にも思えてきます。

ちょっと、今後の動向に留意してまいります。

LINEで送る
Pocket