ナビ・ケイタが日曜日にもリバプールとサインをするとの情報も

Naby Keita


移籍マーケットが開いている時期には、様々な憶測が飛び交うのが常ですが、その中に真実があるのか?を見ていく作業も、また楽しみではあります。
リバプールはといえば、既にナビ・ケイタの獲得を決めており、今年の夏には正式に仲間入りを果たすこととなります。
しかし、もっぱら噂になっているのは、その移籍時期を見直し、1月にもナビ・ケイタに来てほしいと、リバプールが交渉を続けているということ。

RBライプツィヒ側としては、シーズン終了まで、ナビ・ケイタはクラブに留まるとしていますが、近々動きがあると見る筋もあるようです。

あくまでExpressが報じている記事によればですが、ナビ・ケイタは明日、日曜日にはリバプールとサインをするという声があがっているとのこと。

ブンデスリーガでは、本日土曜日にRBライプツィヒ対シャルケの試合が開催されますが、ナビ・ケイタにとって、この試合がRBライプツィヒでのラスト・マッチになるとしています。

これは、ライプツィヒに近いジャーナリスト達が発信している情報のようで、土曜日の試合を最後に、RBライプツィヒがナビ・ケイタの移籍をアナウンスすると見ているようです。

この1月、リバプールはコウチーニョを放出し、大きな資金を得たことから、補強の趨勢が注目されています。
誰を連れてくるのか?という報道は、枚挙に暇がないわけですが、ユルゲン・クロップ監督が最も望んでいるのは、ナビ・ケイタの前倒し獲得だという説もあります。

この情報に信憑性があるのか?
それとも、打ち上げ花火なのか?

もう、今日、明日の話ですので、その真偽もすぐに分かることでしょう。

ナビ・ケイタ本人としては、1月でのリバプール行きを強く望んでいるとされています。

この週末、ドラマが待っているのか!?ですね。

噂は噂でしかありませんが、今週末に何かが起こるのか?については、注目しておきたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]