よい新シーズンの入り方をしたアダム・ララーナ


7月2日から新チームが始動し、リバプールは現時点でプレシーズンマッチを2試合行いました。
アダム・ララーナは、初戦となったチェスター戦の際には、体調不良でお休みしたため、第2戦のトレンメア・ローヴァーズとの試合が、実質的なスタートとなりましたね。
私が見た限り、とても良い状態で仕上がっていると感じたところです。

昨シーズンは、怪我に悩まされ、シーズンのほとんどを棒に振ってしまったわけですが、今シーズンこそは、アダム・ララーナの真骨頂を見せてほしいですね。

プレシーズンマッチにおいて、アダム・ララーナは、キャプテンとしてファーストハーフに出てきました。
展開力もあり、チームのリズムをつくるパスワークも出来ていたし、相手ボックス内でのプレイぶりもキレがあったと思います。

ここまでは上々の出来映えではないでしょうか。

昨年のことを思い出すと、アダム・ララーナが怪我を負ったのは、アウディカップにおいてでした。
今年こそは、怪我なく、万全の状態で開幕を迎えてほしいですね。

アダム・ララーナは、いろいろなポジション取りが出来るし、何より運動量の多いタイプですから、必ずやチームの力になることでしょう。

ぜひ、素晴らしいシーズンを送ってほしいと願います。

負傷により、昨シーズン苦しかったプレイヤーといえば、アダム・ララーナとナサニエル・クラインですが、あくまで私が見る限りにおいて、2人とも元気な活躍を示していると思います。
ぜひ、このままコンディションを向上させていってほしいですね。

プレシーズンと申しますと、どうしても新戦力、若手、ローンからの復帰組に注目が集まりますが、怪我から立ち直ったプレイヤーの復活劇も楽しみです。

アダム・ララーナもナサニエル・クラインも、ワールドカップには行けませんでしたが、その分も含めて、リバプールで躍動してほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]