メンフィス・デパイが英国内でレッズ首脳と話し合い

PSV-Eindhoven-v-Feyenoord-Eredivisie
リバプールとマンチェスター・ユナイテッドが激しい獲得争いをしていると各メディアが報じているPSVのメンフィス・デパイですが、今週の木曜日、プライベートジェットを使い英国入りしていたそうです。

しかし、向かった先はマンチェスター・・・・。

いよいよデパイは、ユナイテッドとの交渉に入ったか!?との憶測が拡がったそうですが、事実は違うようで、空港近くのホテル一室でデパイと会っていたのは、リバプールのイアン・エアだったそうです。

このことから、リバプールとデパイ側の話し合いが、一歩前進した!と、捉える向きが増したとメディア筋は考えている模様。

リバプールとしては、万が一、ラヒーム・スターリングを留めておけなかった場合も想定して、デパイ獲得には、かなりの力を注いでいるとも言われます。

いろいろな情報を客観的に見て、現時点では、リバプールが大きくユナイテッドをリードしている!と、言ってよさそうです。

また、これは別の稿でいずれ触れたいと思いますが、リバプールはチームの方針として、トップクラスのストライカー獲得を目指すという方向になっている模様です。
やはり、ダニエル・スタリッジの怪我のリスクを考慮する部分もありそうですね。

リバプールが、トップ・ストライカー獲得を打ち出すことにより、今後ますますストライカーの補強候補、その名前が続々わいてくる予感がします。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]