ハダースフィールドがマルコ・グルイッチをローンで受け容れる準備ありか メディアより

Marko Grujic


マルコ・グルイッチの代理人が、来る1月にもローンでの行き先を探す意向を示したという情報は、既にお伝えをしたところです。
一応、既出の記事については、下記のリンクをご参照ください。
『マルコ・グルイッチが1月でのローン先を探す メディアより』

まず、今回の話題が出ているのは、マルコ・グルイッチにトップチームでの出場機会を・・・ということが根本かと思います。
ゆえに、代理人としても、ローンで出る場合には、プレミアリーグのクラブで!という意向の模様です。

さて、Clubcallが発している情報として、エコーが紹介をしているのは、ハダースフィールドが、マルコ・グルイッチを受け容れる可能性があるという趣旨のものです。

ご存知の皆さんが多いように、ハダースフィールドのデイヴィッド・ワグナー監督は、ユルゲン・クロップ監督と非常に親しく、親友という以上の関係だと言われています。
過日、二人のインタビューを見ましたが、お互いに家族だと思っているとのこと。

昨シーズンは、ダニー・ウォードをローンで預けていた経緯もあるリバプール。

もし、マルコ・グルイッチをローンで出し、プレミアリーグでの経験を積ませるならば、願ってもない場所だと言っていいかもしれません。

ユルゲン・クロップ監督としても、デイヴィッド・ワグナー監督ならば、安心して任せられるのではないでしょうか。

1月の移籍マーケットが開くのも、早いもので約1ヶ月ほどとなりました。
マルコ・グルイッチにとって、どんな道を選ぶことがベストなのか。
ぜひ、よくよく検討をしてほしいですね。

いつかは、リバプールの中盤で輝く時が来ることを願っています。

とはいえ、まだこれから、ハードスケジュールが続きます。
マルコ・グルイッチとしては、いつチャンスが来てもいいように、常に備えておくことが大切ですね。

バルセロナがコウチーニョ獲得を諦めクリスティアン・エリクセン(トッテナム)獲りに動くとの報道も


バルセロナという名前を聞くと、リバプールファンの多くはアレルギー反応のようなものを起こしそうな昨今。
去りし夏には、フィリペ・コウチーニョ獲得に執拗とも思えるオファーをしてきたことが思い出されます。
季節は、もうすぐ12月となり、1月の移籍マーケットの話題が増えていますが、バルセロナがターゲットを切り替えるという情報もあるようです。
続きを読む

マルコ・グルイッチが1月でのローン先を探す メディアより


将来性を期待されリバプールへとやって来たマルコ・グルイッチですが、出場機会に恵まれているとは言えない状況ではあります。
ミッドフィールダーとしては、身長も高く大器の予感もするわけですが、現状に満足しているとは言えず、マルコ・グルイッチの周辺からも、もっとプレイ時間を得るべきだとの声があがっているそうです。
そのために、来る1月にもローンでの行き先を探す旨、マルコ・グルイッチの代理人が発言をしたとのこと。
続きを読む

ドルトムントがピエール・エメリク・オーバメヤンの1月放出容認との報道も リバプールは動くのか

Pierre-Emerick Aubameyang


冬の移籍マーケットの窓が開くまで、あと1ヶ月ほどとなりました。
既に、リバプールの補強候補の名前もあがりはじめていますが、そんな中、ドルトムントがピエール・エメリク・オーバメヤン(ガボン)の1月放出を容認するとの報道が浮上しています。
オーバメヤンといえば、言うまでもなく、ユルゲン・クロップ監督とは旧知の仲。
続きを読む